のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

食べないほうがいいと言えば・・・

そこの土壌や空間線量の違いによってもちろん一概には言えないとは思うのですが、反原発の立場で活動を続ける文筆家の田中優さんはこんなことを教えてくれています。

【放射能を特殊に集める食物】

1、きのこ(しいたけ、なめこは特に)
2、竹・笹・稲(これからは筍に注意)
3、ブルーベリー、柿、りんご、梨、栗、梅、お茶(今年以降減っていく)
4、米の胚芽、麦の麦芽
5、さつまいも、じゃがいも、レンコン(泥を良く洗って皮をむいて)

ほかの野菜は比較的大丈夫そうです。
いずれにしても、産地を確認し、よく洗ってゆでこぼすことが大事みたいです。

で、たぶん野菜や果物より危険なのが、生体濃縮による汚染です。
すなわち肉、魚、卵、牛乳です。

配合肥料を食べている肉は大丈夫と書いてありましたが、本来なら干草を与えるのが牛など反芻機能をもつ動物には好ましいのですが、その干草が危険とあってはまじめな農家ほど痛い思いをするってことで、なんだかしっくりいきません( *`ω´)
先日も渋川の牛肉の汚染がニュースを賑わせたばかりです。

特に危険な魚ですが、回遊魚が比較的安全です。
これはいろいろな方が公園で言ってましたね。
あ、講演でした!(公園でいろいろな方が言ってるのも、想像するとかなり面白いですが)
放射性物質は金属質なので海の底に沈むため、貝類、かれいやひらめなど海の底で暮らすものほど汚染が進み危険だそうです。
そして淡水魚。
先日の上毛新聞で、「大正橋付近で5600ベクレル」とありまし。
もう簗の鮎は食べられなくなるのですかね~(T_T)
養殖だったら大丈夫なのかな~?

基本が食いしん坊なので、食べられなくなるものが増えると考えること自体がそもそもつらいです(; ̄ェ ̄)
ま、たまのご褒美は別として、普段は野菜中心の食生活が安全そうです。
[PR]

by nobirukko | 2012-04-11 11:40 | 放射能から子どもを守る
<< さちの池でお花見 つくしは食べないほうが良さそうです。 >>