のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

干しぶどう酒

中医研の漢方医、井上先生オススメの干しぶどう酒を作ってみました。
これは普段作ってる、お楽しみの果実酒の類いとは違い、健康のための薬用酒です(笑)

用意するものは、干しぶどう100gと35度の焼酎(ホワイトリカー)1リットル。
作り方
①干しぶどうを熱に強い広口瓶に入れ、焼酎を注ぐ。
②①を容器ごと大きな鍋に入れ、容器が半分浸るくらいの水を入れる。
③鍋を火にかけ、沸騰したら止める。
④そのままの状態で1〜2時間冷まし、容器を鍋から引き上げ、蓋をして冷暗所で一晩寝かせたら出来上がり。
1ヶ月を目安に、干しぶどうを珈琲のロシなどでこすといいそうです。

干しぶどう酒は漬けた翌日から飲めますし、こした干しぶどうも食べられます。
d0160351_16592269.jpg

肝心な効能ですが!
多忙、過労など様々なストレスで漢方で言う五臓の「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の働きが衰え体調を崩しやすくなります。
特にストレスの影響を受けやすいのが、「腎」と「肝」。
このふたつを養って働きを充実させるのに有効なのが、この干しぶどう酒だそうです。
物忘れ、精力減退、貧血、かすみ目、やせすぎまで効くそうですよ。
あ、最後の効能、私には関係ありませんが(笑)

飲み方は、10倍くらいのぬるま湯で割って飲みます。
干しぶどうはそのまま3〜4粒程度食べて下さい。

簡単に作れる干しぶどう酒をぜひ(^ω^)


[PR]

by nobirukko | 2014-03-10 22:56 | 健康
<< 達人の季節到来! 味噌作り終了 >>