のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

長岡花火大会

今年も来てしまった(*´∇`*)
平日だというのに…

d0160351_22360531.jpg


ま、いっか
とりあえず飲もう(笑)

去年に引き続き、yuiのお供は大好物のharuka(笑)
保育園の0歳児の時からの大親友の二人は、小学校も中学校も違うのに、今もこうして大親友のまま。
羨ましい(*´ω`*)

左岸の無料席を陣取りyuiたちはカード遊びを、私は本を読む。
心地よい風にウトウトしてるうちに花火が打ち上げられた!

d0160351_22360763.jpg


やっぱ どんなに画像を貼り付けても 伝わらない気がする…
信濃川の川岸の土手に寝そべって花火の振動を身体で感じ、視界で追いきれない巨大スクリーンを眺めて、降り注ぐ花火を全身で受け止める。
そんな感じ。
体験しないとこの興奮はなかなか伝わらないかもね♪(´ε` )

まつりの起源は戦時中に遡ります。
昭和21年8月1日、B29の爆撃を受け市街地の8割が焼け野原と化した長岡市。
そんな空襲の一年後に亡くなった方々への慰霊、復興に尽力した先人への感謝、そして恒久平和の願いを込めて長岡まつりと長岡花火大会は開催されるのです。

沢田知可子さんが中越大震災後に作ったという長岡復興ソングを、生で歌いながらの応援花火もあり、目と耳と全身で楽しんだ花火大会でした。

[PR]

by nobirukko | 2016-08-02 23:03 | おでかけ
<< 「がんに負けないからだをつくる... 第7回群馬フォークジャンボリー... >>