のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

がんコントロール協会とは?

ブログでも何度かご紹介している「代替療法・統合療法 日本がんコンベンション」ですが。
主催はアメリカがんコントロール協会の日本支部である、特定非営利法人がんコントロール協会です。

で、このがんコントロール協会って何だろうとずっと思ってて、資料をひっくり返してみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《がんコントロール協会 主旨》
先進国の中で、癌や難病が減るどころか、増加し続けている日本の現実に、誰もが先進国医学に期待を持つことは、当然のことです。
そして、手術・抗がん剤・放射線などの療法だけでは限界があるとの意見も無視できないと思われます。
当協会は、アメリカ・カナダ・ヨーロッパ等で成果を上げている、最新の代替・補完療法の情報を提供し、予防とより良い回復の可能性を広め、誰もが健康レベルを保てる社会づくりに貢献することを目的とします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1995年に第1回日本がんコンベンションが開催され、今年が22回目の開催でした。
私は去年ここの存在を知り、2度目の参加でしたが、講師の先生方の著名度もさることながら現在の最新情報が色々な切り口から語られて本当に勉強させてもらっています。

「誰もが健康レベルを保てる社会づくり」がいかに難しいかという事ももちろん充分承知してはいるものの、少しでも誰かの健康のためにお役に立てたらいいな〜という気持ちで、学んだ事をちょっとずつでもこのブログに落としていこうと改めて思っています。

私も父を癌で亡くしています。
その経験からも、癌治療は知識があると無いとでは大きく差がつく事も知っているし、読み漁った様々な健康療法もただ自分の中で収めて納得してるだけじゃダメなんだな〜ってつくづく思うんですよね。

実はもう長年検診を受けていないものでσ(^_^;)、私自身に癌があるのかどうかはわからないのですが。
あったらあったで自分の身体の一部としてうまく付き合っていけるようになりたいな〜と、そんな風にも思っています。

がんコンベンション、そんな私の安心材料の1つでもあるのです。



[PR]

by nobirukko | 2016-12-14 22:58 | 健康
<< 「樫の木」のバウムクーヘン 言の葉の庭聖地巡礼 続き >>