のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:みんなのためにできること( 11 )


防災訓練

育成会で、防災訓練に参加して来ました。
渋川消防署の方が、緊急時の担架作りをレクチャー。

d0160351_0103460.jpg

毛布と物干し竿のような棒があれば、すぐに簡単に出来る担架です。
片側に棒を挟んで毛布をたたみ

d0160351_0103613.jpg

畳んだ部分の上にもう一本の棒を入れて畳めば、簡単に担架の出来上がり〜!

d0160351_0103636.jpg

毛布がない場合は洋服で!
着てる服を、棒二本を握りながら脱がせてもらうと・・・裏返った洋服が3枚も並べば、大人一人くらい運べる担架に早変わり!

煙のテントの中を手探りで進んだり、消火器を使ったりと実際の体験は防災意識を感じます。

実は前半、自治会や婦人会の方々と全員で、DVDを見せていただきました。
東日本大震災の時の、渋川消防署の救助活動とその後を記録したものでした。

震災後すぐに全国あちこちから、消防隊員が駆けつけたそうです。
目撃情報を元に、手作業で瓦礫を撤去する消防隊員の映像。
実際に現地で作業にあたった副署長さんが、解説してくれました。

福島第一原発が爆発した時も、屋外では遮るものもなかったそうです。
不眠不休の過酷な仕事なのだという事を、改めて知りました。

その後の現地にも訪れ、撮影された画像、瓦礫が撤去されただけで何も変わらない荒れ野原。
私たちも絶句。

家族を亡くした人
家を失った人
生きる意味が見えなくなった人

いろいろな人の辛い記憶や
助けられて支えられたエピソードなども含め、とても素晴らしいDVDだったと思いました。
後半、あちこちで聞こえる鼻水をすする音。
私たちももちろん、みなさん涙してた様子を感じました。

あ〜〜、こういうのは学校で子供たちみんなに観せてあげて欲しいなぁ〜!
と思った次第です。
[PR]

by nobirukko | 2013-11-03 22:40 | みんなのためにできること

フェアトレード

d0160351_23433030.jpg

たまにはフェアトレード商品を購入します。

フェアトレードとは?
発展途上国の商品を購入し消費することによって、途上国の雇用を創出。
貧困の解消や、経済的な自立を促す経済政策です。

フェアトレードチョコレートはパッケージが可愛くて良く買います。
ちょっとした習慣ですが、美味しいものをいただいた上で地球のどこか遠くの人の生活をささえる。
それがフェアトレードです。
[PR]

by nobirukko | 2013-10-18 20:19 | みんなのためにできること

市長選

たまたまテレビを観たら、市長討論会なるものがやってました。

d0160351_11541166.jpg


放射能の問題も含め、気になることを公開質問状でぶつけてみようとも思ったのですが・・・
圧倒的な時間の足りなさで断念しました(−_−;)

阿久津さん、再選でしたね。
文化行政懇談会の委嘱を受けた時から、給食問題や放射能問題で何かとお世話になった市長さんですが。

「変な給食」や「粗食のすすめ」の著者の幕内秀夫さんとの懇談の際
「学校給食は5回のうち4回を米飯にします」と宣言された件、どうなってますか〜?

前回の選挙の際、配られたチラシにあった「学校給食の自校方式推奨」
大型化反対、自校方式温存の書名活動の際も、「自校方式は残します」と回答された件もどうなんでしょう?

そりゃぁ、いつも市民は無責任にいろいろ言いますが(笑)
それもこれも子供達の健やかな成長を願ってのことで。
子供達の人権や健康は、最低限大人の力で守ってあげなきゃいけないと思うんですよね〜。

市議会議員の欠員に都丸さんが当選!
よっしゃ!
市長選より市議会議員選挙の投票率が高かった(笑)
投票数は都丸さんが市長を抜いた(笑)

渋川、変わって欲しいな〜。

それにしてもこの記事、カテゴリー分けが難しい(>_<)
政治に関しては、発言控えてましたっけ!?
ちょうどいいカテゴリーがなくて、「みんなのために政治家ができること」って意味でここに納めてみました〜。
[PR]

by nobirukko | 2013-09-02 17:39 | みんなのためにできること

東日本大震災の脱風化 学生団体Air.

のびるっこのお兄ちゃん、子供たちの大好きな「アッキー」が代表を務める学生団体
『Air.』を紹介します。
d0160351_15253176.jpg


1000年に一度の災害を風化させないために、復興のための支援や陸前高田の子供たちとの交流など、大学生が主体のさまざまな支援をしている学生団体です。
ぜひHPものぞいてみてください!

学生団体Air.

【新しく、軽やかで、未来につながる学生団体Air.】(HPより抜粋)

この学生団体は東日本大震災の脱風化のための団体です。

地震と津波で瓦礫だらけになった非現実的な光景をメディアで見て、何かしら感じるものがあったと思います。
しかしもうすぐ一年がたとうとしている今、テレビや新聞などのメディアでの震災関連の記事が減り、風化しつつあります。
はたしてこの1000年に一度の災害を風化させていいのでしょうか?
私たちはいつまでも忘れてはいけないと思います。


では、これ以上風化させないためにはどうすればいいか。


Air.はそれを考え、実行していくための学生団体です。
ほんのちょっとでも復興の力になりたいとおもった学生が多く集まり、一円玉を募金箱に入れるくらいの気楽さで復興に貢献できる、Air.はそんな団体です。
もし、大学生のこの有り余る体力をみんながちょっとずつ復興のために使ったら、復興にとてつもなく貢献できるとは思いませんか?

なんとなくだけど、復興に協力したいなー
でもどんなことすればいいかわかんない
みたいな人!

あなたみたいな人が集まってます!

Air.の由来は空気の枠組みのなさやゆるさ、自由さ気楽さから来ています。


あなたの力をもう一度、ほんのちょっとだけ復興に注いでみませんか?

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

ということです。
この
「1円玉を募金箱に入れるくらいの気楽さ」というのも気に入ったし
被災地が求めることをしたいという、押し付けでない感じのボランティアが私のスタンスと重なって応援させてもらっています。
いまどきの大学生は自分のことばかり考えていると思ってしまいがちですが、そんなことないんですよ~。
そして彼等がこの活動を継続できるよう、大人の支援も必要と感じています。

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]

by nobirukko | 2012-04-16 15:38 | みんなのためにできること

震災から1年がたちました。

去年の今日。

yuiは翌日の豆腐作りの準備で、大豆を量っているところで地震が起きたそう。
s君の「地震だ!」の声で、みんな机の下にもぐりこんだ。
いつもはすごくしっかりしている先生が、興奮して同じ言葉を繰り返し繰り返し伝えていたこと。
今日聞いた話だけど、細部にいたるまで良く覚えていてびっくりしました。

長女と長男は自宅のそれぞれの部屋で。
長女は「お~、地震だぁ!みんな地震だぞ!」とあたふたあたふたしながら2階と1階を行ったり来たり。
長男の部屋をのぞいたところ、長男はベッドで寝そべってDSでポケモンのゲーム中だったとか。
あんなに揺れていたのに・・・
ま、それぞれ性格が出ていて面白いのですが。

パパは事務所で接客中。

そして私は友達のご主人の選挙事務所のお手伝い中でした。
建物がぐらぐら揺れ、大きなシャッターがたわんでがしゃがしゃとすごい音を立てていました。
事務室の人たちや賄いのおばちゃんたち、みんなで駐車場に出ると停めてある車が前後に揺れ、ぶつかり合ってしまうかのような勢いで。
泣き出しそうなおばちゃんの背中をさすり、眺めるアスファルトが波打っているような感じが記憶に残っています。

子どもたちの美容院の予約をしていたために、自宅に入らず3人をピックアップして伊勢崎に向かったのでニュースも見ておらず、停電で止まってしまった信号に難儀しながら渋滞に巻き込まれ家に着きました。
夜にテレビをつけるまで、こんなにすごいことになっているとは全く知りませんでした。
そんな1年前の今日でした。

偶然にも今年も同じ日に同じ美容院を予約していた私。
美容院のお兄ちゃんとしみじみ語り合います。
あれから1年、あっという間でした。
被災地のために救援物資や義援金を送ろうと必死だった春。
汚染マップにあわてて、出来ることを模索し始めた秋。
これといって何も出来ないまま冬も終わろうとしています。

忙しさにかまけてすべてが中途半端になっている気がする今日この頃。
足元をしっかり見つめ、今自分に何が出来るのかもう一度問いかけてみたいと思います。

大きな天災によるたくさんの犠牲を無駄にしないよう
今尚続く被災地での生活を支援できるよう
そして原発によって汚染されたこの国が正しい判断を下す事を、国民の一人として決して無関心でなく見守っていけるよう。
[PR]

by nobirukko | 2012-03-11 19:32 | みんなのためにできること

素敵なお礼が届きました♪

みんなの応援メッセージつきままごとキッチンを送った気仙沼の堤乳幼児保育園から届きました!

d0160351_1112658.jpg


『 のびるっこの皆様へ

暑中お見舞い申し上げます。
東日本大震災から4カ月、全国の方々からたくさんの物資や励ましの言葉を頂き、また子どもたちからの心のこもった作品に本当に感謝しています。
季節も寒かった冬から夏へと移り変わり、園庭から子どもたちの元気な声が響いています。
仮設住宅への入居も始まり、今月中には町内の希望全世帯が入居できる予定です。
「子どもたちの笑顔で、またたくさんの花を咲かせよう」をテーマに安全と安心に気を配り保育していきたいと考えています。
「ありがとう」の気持ちを込めて子どもたちと製作しました。
お部屋の片隅にでも飾っていただければ幸いです。

堤乳幼児保育園園児・職員一同 』

お手紙いただきました。
こちらこそ「ありがとう」の気持ちがいっぱいです。
[PR]

by nobirukko | 2011-07-14 22:07 | みんなのためにできること

ままごとキッチンを送りました♪

被災地へ子供たちからのメッセージを届けたい。
そんな思いをずっと持っていました。

大人はそれなりに義援金を送ったり支援活動が出来るのですが、子供たちはそうはいきません。
小学生がそうそう義援金なんて持ってないし、ましてや支援活動をしたくても出来ません。

特別な事はしなくていい。
今まで通り、出かけたり、物を買ったり・・・みんなが普通に暮らすことが経済を循環させ、結果的には支援になる。
そんな風に考えた上で、子供たちのメッセージを被災地へ届ける事にしました。
大人と一緒に地震におびえ、悲惨なニュースを見させられてきた子供たち。
何もできなかった無力感を、子供たちの心に残したくなかったのです。

子供たちが東北の被災地を想っている事を形にしたことによって、子供たちの満足感が生まれたと実感しています(*^^)v

私が作っている木製のままごとキッチン。
被災地の子供の多いところに送って遊んでもらおうと用意したのですが、ちょうどいい!
裏板にメッセージを書いてもらいました。

d0160351_11114522.jpg


気仙沼の吉里吉里にある保育園に送らせてもらいました。

吉里吉里では2つある保育園の1つが津波で流されました。
流された保育園は支援に送られたおもちゃでいっぱいになっているとのことで、相談の結果もうひとつの保育園に届けました。

「大事に使わせてもらいます。メッセージも元気をもらえました。」
とお礼の電話がありました事をご報告致します。
[PR]

by nobirukko | 2011-06-24 11:26 | みんなのためにできること

気仙沼へ行ってきました。

気仙沼へ行ってきました。
私ではなくパパが、です。

療術師の顔も持つ彼は、たくさんの先生方と一緒に現地に入り疲れた方たちの身体をほぐしてきました。

あちらの状況は言うまでもありません。
メディアからは伝わらないたくさんの物が見え、たくさんの事を感じて来たようです。

7年前に、家族で気仙沼大島を旅した事があります。
気仙沼ちゃんの民宿「くりこ」で美味しい魚料理を食べるのが目的でした。

フェリーで、yuiがカモメにえびせんあげたっけ・・・
あのフェリー乗り場も、見る影もない状態だったそうです。

今は、「なにが出来るだろう」と思う以上に、「何でもいいから長く続けよう」と強く思います。

d0160351_15414291.jpg

キッチンにこんなものが!しかもしっかりゆすいで伏せてありました。

普段から忙しく、休みがほとんどない生活です。
泊まりの出張が続き、連日の睡眠不足で体調がすぐれないままでの気仙沼行き。
運転手ですから、気合とこの怪しいドリンクで乗り切ったのでしょうね(>_<)

この状態で6人の施術をしてきたそうです。
せっかく行ったのだから、仮に自分がどんな状況でも出来る限りの事をする。
最善を尽くす。

我が夫ながらあっぱれです。
[PR]

by nobirukko | 2011-06-17 15:59 | みんなのためにできること

支援物資が集まりました♪

たくさんの支援物資が届きました。
ありがたいです~♪

昨日仕分けをお手伝いしていただき
d0160351_20263151.jpg

新品のこども服と下着、パジャマは本日送りました。

財団法人 日本リ・ファッション協会


ウェットティッシュや湿布など生活雑貨も送ります。


それから美品のこども服がたくさんあります(段ボールに8箱分くらいですかね)
フリマで売って義援金にしましょうということになりました。

サイズは120~150くらいの女の子の服が多いです。
男の子のお母さん、ごめんなさい!
内容は半ズボン・スカート・七分丈・長ズボン(男の子がはける物も若干量)
半袖・長袖・パーカーなど
kaepa・無印良品・HAKKA・GAP・EDWIN・エンジェルブルー・ヒスミ二・ミキハウスなどがあります。
ラメ入りや刺繍入りのパンツ有り、ウェストはアジャスター付きが多いです。

これらはフリマで販売し、収益は全て義援金にすることになりました。
早速、今週の15日(日曜日)
かねてよりお世話になっている『まむずはんどひーりんぐ』の堀越さんにお願いして、『小さな市場』に混ぜてもらいます。

まむずはんど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月15(日)10:00~13:00

『小さな市場』・・・まーやの家
前橋市亀里町1209 

手作り雑貨や古着のminiminiマーケット。子供たちはシャボン玉であそぼ(無料)。
ペットもいらっしゃい
ヒーリング無料体験。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひおでかけ下さい♪
[PR]

by nobirukko | 2011-05-12 20:38 | みんなのためにできること

のびるっこでできること その1

d0160351_18123611.jpg

ニュースとACのCMばかりが流れる中、長女が描いていた絵です。

まだまだ時間はかかりそうですが、徐々に復興の兆しが見えてきたと思える明るい話題の一つがディズニーランドの再開です。
彼女は明日には千葉に戻ります。
たくさんの人に、夢と勇気を与えるお手伝いをして欲しいと思っています。


さて、のびるっこですが
ご提案頂いた中で多かった「支援物資を送る」という方向で考えたいと思います。

のびるっこならではの子供服、グッズを送りましょう。

新品、もしくは美品をお願いします。
洋服(新品・美品)や下着(新品)くつなど。
バッグや雑貨など、まだ使える品物がありましたらご寄付頂けたら助かります。

送料はのびるっこからの負担となります。

実は震災直後は受付がなかったのですが、受入先が見つかり喜んでいます。


そして今日みなさんにメールをしたところ
早速準備を初めてくださったママ、1箱まとめて下さったママ、仕訳を手伝うと言ってくれたママ。
また、協力できる場を作ってもらえてうれしいとの声もいただきました。

嬉しいメールに泣きそうです!

もちろん「のびるっこブログ」を読んでくださっているみなさんにもご協力いただけたら、本当にうれしいです。
皆さんからのご連絡もお待ちしております♪♪

私たち一人一人に出来ることは本当にこんな小さなことばかりではあるけれど、きっと大きな力の一部となり、子供たちの笑顔を増やすお手伝いが出来ることでしょう。

その経験を子供たちと一緒に出来たらと思っています。


ぜひぜひ、ご協力をよろしくお願いします(^o^)

【お問い合わせ先】

のびるっこ メール nobirukko@ezweb.ne.jp
       
        電話  09093301739
[PR]

by nobirukko | 2011-04-18 18:31 | みんなのためにできること