のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:のびるっこって?( 4 )


今年やりたいこと・・・

新年を迎え、頭の中がやりたい事でいっぱいで、ちょっと整理が必要なようです((笑))
昨年からあたためていた主なものをあげてみます。

1つは『のびるっこの森』をつくること

昨年は「くまもり」さん、「きらめ樹」さん、「山屋」さんと仲よくさせて頂いて、知らなかったことをたくさん教えていただいたり、少しだけ体験をさせていただいたりしました。
今年は仲間とそれをシェアする時間を多く持ちたいと思っています。

林業を通じて日本の森の実態を知る事は、私たち大人だけでなく子供たちにとってもとても大切なことだと思っています。
自然の中で過ごす時間をつとめて多く持つ事も、もちろん両者に必要でしょう。
d0160351_20574479.jpg

『のびるっこの森』予定地は、地元渋川の金島にあります。
ある方のご厚意で使用許可をいただいた森です。
雑木の森ですが一部ヒノキもあるため、バラエティーに富んだ楽しみ方ができるのではないかと期待しています。
まずは下草を刈って、弱った木は間伐します。
丈夫な大きな木ではブランコやターザンロープ、ハンモックなどでみんなが楽しめそうです。
行く行くは間伐した木を利用したデッキやアスレチック、小さなツリーハウスなど作れるかもしれません。
それから、コナラがあるのでシイタケ栽培も考えています。
d0160351_20582361.jpg

家の中でシイタケを育てました。採りたては本当においしいです。
画像は栽培キットですが、原木に駒打ちするのはとても面白いそうです。

今日はお天気が良いから『のびるっこの森』へ行ってお弁当食べよう♪
なんて使い方をしてもらえるのも良いですね。
ママたちとのお茶飲みも、ファミレスより話しが弾みそうです(笑)


それから『畑』をつくること

畑で育てるものは、『大豆』と考えています。
d0160351_2102415.jpg

昨年、我が家の小さな畑で作った大豆です。

もちろん無農薬で。
草むしりも含め、これもたくさんの人の手が必要ですね♪
作った大豆は味噌にしようか豆腐にしようか・・・みんなと考えようと思います。


もう1つ『山登り』をしようと思っています。

個人的には毎年必ず登る山ですが、やはり子供たちを含めたみんなと楽しみたい。
簡単な低山を、練習がてらゆっくり登りましょう。
たぶんそれでも私たち大人にはきつい道のりだと思います。
でも頂上に着いた時のあの大きな達成感は、山の高さだけの問題ではない様な気がするのです。
すでに他県からの参加希望者から手が挙っています。
早速リサーチに入りました♪


それから大好きな、「作る」⇒「食べる」ということで、今月はもちつきも企画しています。
のびるっこ もちつき
うどんやそばも食べたいなぁ。
a君企画の「ドロP」「逃走中」もきっと実現できる事でしょう。


もちろん昨年同様、」クリーン大作戦への参加や、冒険遊び場や公園での遊び、ふれあい朝市の参加もできる範囲で継続していきたいと思っています。



そして・・・

のびるっこの1年を決めるのはあなたかもしれません。
ぜひ楽しい企画をご提案ください。


nobirukko@ezweb.ne.jp

090-9330-1739
[PR]

by nobirukko | 2011-01-07 20:08 | のびるっこって?

こんなことやります!

こどもとおとなと一緒に遊びながら育ちあう「のびるっこ」

柱を立ててみました


『農業』・・・農業体験を通して、食の大切さ、ありがたさを学びます
       自分で収穫したおいしい野菜を食べる喜びを知ります

『林業』・・・間伐、植林、炭まきによって、荒廃した森を生き返らせます
       森は熊たち動物の森でもあることを理解し、人と生き物が共存できる方法を
       みんなで考えます

『商業』・・・ふれあい朝市、フリマなどを通じて、人とのかかわりの大切さを知ります
       
       
『工業』・・・木工作に親しみ、自分の手でナイフを握りものづくりをします
       自分で作ったはしやスプーンでする食事はきっといつもより美味しいはず

『サービス業』・・・あおぞらCafeなど、お店屋さんごっこの延長的な店舗を開きます
           おとなもこどもも楽しみながらの接客です


以上はまるで職業体験のようです
でも、たくさんの体験がこどもの心を形作ると『のびるっこ』は考えています


そのほか

冒険遊び場・・・定期的(年4回)お散歩イベント バーベキューや焼き芋大会
          毎週日曜日の9時から5時までは、自由に遊べます
          (プレイリーダーがいるため子どもだけの参加OK)
         
          *提携施設のため、のびるっこ会員は冒険遊び場の会員としても
            登録していただきます


探検ハイク・・・年2回粕川の探検ハイクに参加します


草木染でTシャツ作り、夏休みポスター教室、サイクリング、講演会、羊毛はし袋作り、・・・


夏の海水浴、冬のスキーは宿泊体験として企画中




【お問い合わせ】

shisoyui@rapid.ocn.ne.jp
090-2317-0262
[PR]

by nobirukko | 2010-04-12 21:03 | のびるっこって?

設立趣意

のびるっこ設立趣意


1 趣旨

渋川市の活性化のひとつとして、「子育てしやすい市」という目標がある。
市民の一人として私達が出来ることは、お母さん同士のつながりを作り、子育てを一緒に楽しむことである。
こどもたちと一緒に農業や林業などの活動や、スポーツ・文化的活動を通してたくさんの人とふれあい、こどももおとなも共に成長し、心と体の健康を向上させていくことを目的とする。


2 設立までの経緯

平成19年から、地域で子育て真っ最中のお母さん達が「のびる」を発足。
公園遊びや冒険遊び場遊び、公民館でのこどもと一緒の食事作りや工作などの体験、市内や近隣地域でのこども向け催しものの情報発信などを通して賛同者が増加。
更に多くのお母さんお父さん、こどもたちと一緒に楽しめ学べる会にするために、成22年4月3日、名称を「のびるっこ」として設立に至る。
[PR]

by nobirukko | 2010-04-08 11:38 | のびるっこって?

のびるっこって・・・?

アレやりたいね~!
コレたべたいね~!
あそこ行ってみたいね~!

そんな好奇心、おとなもこどもももってるはず
思ってるだけで終わってしまいがちなこと
こどもたちと一緒に形にしませんか?

簡単なことでいいんです。

ひとりではなかなかできないことも
みんなと一緒なら きっと出来るしもっと楽しい。

こどもがいるから何も出来ないんじゃなくて
こどもがいるからこそ楽しめることたくさんあるはずです!!

そんなおとなとこどもが
一緒に楽しく遊びながら 育ち合い学びあう場所です。


興味のある方、入会ご希望の方は下記にご連絡ください。

shisoyui@rapid.ocn.ne.jp

090-2317-0262
[PR]

by nobirukko | 2010-04-08 11:09 | のびるっこって?