のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


中医研の納涼祭に行ってきました。

ふれあい朝市でお馴染みの中医研の納涼祭に行ってきました。

ちょっとyさんにお話しもあったので顔を出そうかなと思っていたら
生ビール好きな大人がちらほら(笑)
無料券いただいたし、1杯200円だし、一緒に行きましょう!

d0160351_12353462.jpg

あいにく雨がぽつぽつで会場は中医研の2階でしたが、子供たちはどこでも遊べるんですね♪
フォークグループ「スーパードライ」の生演奏を突っ切って、ステージ裏手のベランダへ。
外で食べるのも飲むのも、やっぱり気持ちいい♪
だれ?ビヤガーデンとか言ってるの。

100円の焼きそば×3
生ビール×3
パパはすっかり出来あがって早々に就寝です(^_^;)
[PR]

by nobirukko | 2011-07-31 12:28 | おでかけ

♪森Cafe♪ を紹介します。

7月21日、松井田の森の家で『森Cafe』がオープンしました。
木曜日限定のカフェです。

ちょうど打合せがあり、オープンの日と翌週も伺いました。
d0160351_10525362.jpg

初日はガトーショコラと珈琲をいただきました。

2回目の時はyuiにお昼ごはんを食べさせてから送りだし(^_^;)
自分は空腹のまま松井田へ。
豆腐とアボガドのくるみソースがけをいただいたのですが、写真を撮るのを忘れて一気に食べてしまった!
そんなお料理でした(笑)

実物はぜひ直接見て下さいね♪


≪のびるっこへのお問い合わせは≫

nobirukko@ezweb.ne.jp
090-9330-1739
[PR]

by nobirukko | 2011-07-29 10:32 |

虫よけ対策

ちょっと目を離したすきに、庭が草だらけ!!
そんな訳で今朝はちょっと深追いし過ぎました(汗)
朝から汗だくです(本物の汗)

草むしりをしていると「ブーン」と耳元に・・・・・・
蚊の季節ですね(^_^;)

みなさん、虫よけはどんな対策をしてますか?


虫よけスプレーの有効成分である「ディート」が危険であると知ってから、私はアロマオイルを使って手作りの虫よけスプレーを愛用しています。


≪ディートについて≫

市販されている虫よけスプレーのほとんどにディートという成分が入っています。

ディートはアメリカ軍が研究し、兵士がマラリアヤを媒介する蚊に刺されない様に開発されたクスリで、ベトナム戦争、湾岸戦争でも使用されています。

しかし、帰還兵に原因不明の疲労や記憶低下、関節痛などの湾岸戦争症候群が問題となり、その原因物質の一つとしてディートは疑われています。

また、命にかかわるような中毒事故も報告されているそうです。

日本では「粘膜や顔、傷口等に使わなければまず安全」という認識で使用が許可されているようです。
因みにカナダ保健省では、「幼児にディートを使ってはならない」など、厳しい法規制となっています。

安全性に問題があるからこそ、1日の使用回数が、6ヶ月以上2歳未満で1日1回、2歳以上12歳未満でも1日1~3回となっているのです。

一方自分で作った虫よけスプレー、効き目はディート程ではないにしても、1日に何度も何度も使えて本当に便利です。



保育園の時からずっと、yuiのリュックにはいつもこの手作りの虫よけスプレーが入っています。
ディート入りの虫よけスプレーをまき散らす男の子に、「yuiのスプレーはくさい」と言われ、泣いて帰って来た事も。
「このスプレーは虫が嫌う香りを集めて作ってあるから、この香りを臭いって思うんだったら××君は虫だね!」
なんて会話も今ではいい想い出です(笑)

基本的には、ユーカリレモン、ゼラニウム、ラベンダーを使うのですが、虫が嫌うアロマオイル、ペパーミント、シトロネラ、ティートゥリー、シダ―ウッドなどを使う時もあります。

のびるっこでは、アロマオイルの虫よけスプレーのワークショップも企画中です。


≪のびるっこへのお問い合わせは≫

nobirukko@ezweb.ne.jp
090-9330-1739
[PR]

by nobirukko | 2011-07-26 12:10 | 子育て情報

「弁当の日」の講演会、続きです。

昨日に引き続き、竹下校長先生の講演会の報告です(^O^)

11年前、香川県の滝宮小学校で「弁当の日」を始めた竹下先生。

―理想を語って
―実践し
―結果を出す。

めちゃめちゃかっこいい大人です。

以下は私が講演で聞いて印象に残った内容をまとめてみました。
(毎度のことながらあまりまとまってませんが(^_^;))

0歳から7歳までは「模範と模倣」と言われています。
例えば親が扇風機のスイッチを足で消せば、子供も真似をし(ウチだ!)
親が冷蔵庫の下の引出しを足で閉めれば、子供も真似る(ウチだ!)
この何でも全部真似ようとする小さい時に、して欲しい事をして見せる。
それが子どもが本能的に持っている「模範と模倣」を最大限に生かせる方法のようです。

女子大3年生の一般的な食事の画像がありました。
残念ながら、朝からまともな物は食べてません。
一日にきちんと三回食べることがなく、中途半端な食べ方をしている印象を感じました。
驚く事にたまに食べるご飯も、炊くのではなく市販のチンするご飯だそうです。
更に笑ったのは、夜中12時にワカメを、1時にクラゲを、1時半にパイナップルを食べていた女子大生。
実にユニークです。
でも笑ってばかりいられないのは、彼女たちの食事で断然足りてないのが緑黄色野菜。
こういう女性は子宮で赤ちゃんが育たないと先生はおっしゃっていました。
サクって噛んで流し込む様な食事ばかりだと、体内時計も狂ってしまうみたいですよ。

学生を対象に講演をする際、先生は必ず言うそうです。
「できちゃった婚」はするなと。
理由は2つ。
1つは、子どもが出来てなかったらその相手と結婚していなかったかもしれない。
いやいや結婚すると、この子さえいなければという考えが生まれると。
2つ目は妊娠に気付いた時にはすで遅いのが、生活習慣。
食生活やアルコール、タバコなどが受胎に適した環境ではない為、生まれる子供にリスクが出やすいそうです。
子供とは、「この人と私の子を大事に育んでいきたい」と思ってきちんと身体を作ってから授かるもの。
そういった話を学生たちにされるそうです。
「子育てが楽しくてしょうがないオーラ」を、日本中の大人が見せることが大切ともおっしゃってました。

弁当の日を始めて、たくさんの結果が出てきたそうですが、そのひとつとっても印象的だったのが料理が苦手なお母さんの話。
フライパンで炒める料理だけを作っていたお母さんや、肉料理しか作れないお母さんが子供と一緒に台所に立つことで変ったそうです。
料理を作りたくないお母さんを変える、それも先生にとっては狙いのひとつだったようですが。

竹下先生は、会場の人たちにたずねました。
「この中で、自分のお母さんが作った料理を全て受け継いだ人?」
・・・二人居ました(それってすごい!)
「この中で、自分の作る料理を全て子供に受け渡した人?」
・・・一人も居ませんでした。

自分の事を考えてみました。
1割にも満たないと、唖然としました。
実家の母と義母、ふたりにはまだまだ元気でいてもらって、私に教えてないたくさんの事を伝えて欲しいとお願いしようと思います。

弁当の日の実践では、子供が作り手になる事でたくさんの大人に感謝する事が出来ます。
料理は作ってもらう側ばかりではいけない、作る側にならなければいけないのです。
おいしく食事を作るのは子供にとって簡単なことではありません。
いつも作ってくれるお母さん感謝できるのは、人の心が分かる=想像力があると言う事なのです。 
人の心を想像できる人ばかりになれば、犯罪者も減るとおっしゃっていましたがその通りだと思います。

先生が赴任した「荒れた中学校」も、弁当の日の実践によって1年に50枚以上割られていたガラスが、8年後には0枚になったそうです。
たくさんの校長先生が、竹下校長の講演会に足を運ぶのも分かりますね。


先生は真顔で「弁当の日で日本を変える!」とおっしゃいました。
「弁当の日で日本は変る!」って私も本気で思いました。


地元渋川でも、「弁当の日」をぜひ実現したいと思っています。
ちょっと時間はかかるかもしれませんが、大切なことなのできちんと理解して本気で考えてくれる仲間を増やしたいと思っています。

みなさんも一緒に「弁当の日」を応援しましょう♪








≪のびるっこへのお問い合わせは≫

nobirukko@ezweb.ne.jp
090-9330-1739
[PR]

by nobirukko | 2011-07-24 20:21 | 弁当の日

「弁当の日」を始めた竹下校長先生のお話しを聞いてきました。

香川県の滝宮小学校で「弁当の日」を始めた竹下校長先生の講演会に行ってきました。
群馬での講演会はこれで3度目だそうです。
関連する、佐藤剛史さん、渡辺美穂さんの講演は聴きましたが、肝心な竹下校長のお話しは初めてでした(^_^;)



yuiと一緒に一品持ち寄りの夕食会に参加した後で、一緒にご飯を食べたかえちゃんとyuiと3人並んで講演を聴きました。
かえちゃんは、自宅で弁当の日実践中の5年生。
おいしい枝豆のムースを作ってきてくれました(^O^)
家族で実践する様子が、新聞にも載ったとか!

d0160351_14112955.jpg

他の人が持ってきたおかずを頂いて帰ります。おいしそうでしょ♪

ひろがれ「弁当の日」


最初は映像を見ながら「はなちゃん」のお話。
弁当の日関連の本や講演会でご存知の方も多いと思いますが、わずか5歳のはなちゃんを残しガンでこの世を去ったちえさんというお母さんの残した大きなもの。

彼女のブログと佐藤剛史さんの講演会の様子もぜひ観ていただきたい。

早寝早起き玄米生活 ~がんとムスメと、時々、旦那

佐藤剛史さん講演




yuiに読み聞かせをするための1冊として購入しました。
先生がサインしてくれました。
d0160351_14123539.jpg


明日に続く・・・
[PR]

by nobirukko | 2011-07-23 14:14 | 弁当の日

ついでに・・・

今日はパパのおかかえ運転手(^_^;)
横川経由で高崎駅まで送ってきました。

出たついでなので・・・!
のびるっこの夏の企画の1つ、「ザリガニ釣り」の公園の下見をしてからここへ寄り道。
この辺りを通ると必ず立ち寄るお気に入りの場所です。

d0160351_7414580.jpg

この奥です。

d0160351_7421493.jpg

木のトンネルを通ってずっと行くと・・・

d0160351_742421.jpg

ありました!
『森のパン屋さん』です。

自家製天然酵母で作ったパンを石窯で焼いたしっかりしたパンです。
で、肝心なパンの画像がないのですが(汗)
おししくて一気に食べてしまいました♪

場所は、少林山達磨寺の近くです。
ぜひお出かけ下さい♪
[PR]

by nobirukko | 2011-07-20 22:00 | おでかけ

『フード・インク』観て来ました。

海の日、前から観たかったのですがちょうど観に行ける事になりました。
久しぶりに家に居たので、パパも連れて行きました(笑)

フード・インク



「フード・インク」とは「FOOD,INC.」食品株式会社、と言う事です。
これは農業が工業に変ってしまったという事だそうです。

アメリカでは広大な農場でコーンが作られています。
安価なそれは形を変えて様々な食品に含まれるだけでなく、家畜の飼料となっています。
もともと草を食べる牛は、このコーンの飼料を上手に消化出来ません。
O-157という新種の大腸菌は、この牛の飼料が原因なのです。
で、どうするかと言うと肉をアンモニアで消毒して流通させるのです。
この牛に本来食べるべき草を与えれば、牛も肉を食べる人間も健康でいられるのに!です。

養鶏場も悲惨です。
従来の半分の日数で育つようシステム化され、ぎゅうぎゅうに押し込まれた中で暮らすのです。
2,3歩歩けば骨折してしまいます。
さらに明るいと動いてしまうからと、1度も日を見ることもないままと殺場へ連れて行かれるのです。

一方、有機農法を実践している農家もあります。
アメリカでもオーガニックフードが注目され始めたのです。
でも高価な安全な食品をみんなが食べられる訳ではありません。
日本より所得格差のあるアメリカでは、「野菜を1つ買うお金があれば、ハンバーガーが2つ買える」と健康に悪いと知りながらも安価なファストフードを食べ続ける者が多いのも事実です。
現在アメリカでは、肥満や糖尿病の発症率と所得水準に関連があると言われています。


日本の農業の現状がこの映画と全く同じではないにしても、近い事は確かです。
でも悲観する事はありません。
今日からでも私たちに出来る事がたくさんあるのです。


【食の安全のために私たちができること】
●労働者や動物に優しい、環境を大事にする企業から買う
●スーパーに行ったら旬のものを買う
●有機食品を買う
●ラベルを読んで成分を知る
●地産食品を買う
●農家の直販で買う
●家庭菜園を楽しむ(たとえ小さくても)
●家族みんなで料理を作り、家族そろって食べる


全体的に『弁当の日』の取り組みにも通じるものも多いですね!
[PR]

by nobirukko | 2011-07-19 13:49 |

クリーン作戦1回目が終わりました!

「のびるっこ」では今年もまた、坂東緑地公園のせせらぎパークでのボランティアに混ぜて頂いて「クリーン作戦」を行うことになりました。

今日はその1回目。
雑草を抜き、日々草の苗を植えました。

d0160351_13215196.jpg

「水まき、上手だよ」って、いっぱい褒めてもらったね♪

朝からうだるような暑さの中、子供たちはがんばって作業してくれました。
そして終わった途端、川でざりがに取ってる子供たちと同化(笑)

次回はもっと早い時間に草むしりを始めましょう(^_^;)


yuiはそのまま友達とプールへ♪
汗かいたからちょうどいいね(笑)

午後から群馬アリーナへ。
ボリショイサーカスの券が当たったのです\(^o^)/

yuiは3度目のサーカス。(なぜかいつもタダ)
何度見てもすごいな~と感心するのですが、やはり一番力が入ってしまうのが空中ブランコ。
宙を舞う女の人が「がしっ」と腕を掴まれる度にピクリと変な動きになっているのは私だけじゃなかったようで安心しました(笑)w

洋服を着た熊が綱渡りをする姿に隣にいたおじいさん
「本当に熊かねえ~?」
と、しきりに首をかしげていました(笑)
[PR]

by nobirukko | 2011-07-17 21:15 | 環境・クリーン大作戦

素敵なお礼が届きました♪

みんなの応援メッセージつきままごとキッチンを送った気仙沼の堤乳幼児保育園から届きました!

d0160351_1112658.jpg


『 のびるっこの皆様へ

暑中お見舞い申し上げます。
東日本大震災から4カ月、全国の方々からたくさんの物資や励ましの言葉を頂き、また子どもたちからの心のこもった作品に本当に感謝しています。
季節も寒かった冬から夏へと移り変わり、園庭から子どもたちの元気な声が響いています。
仮設住宅への入居も始まり、今月中には町内の希望全世帯が入居できる予定です。
「子どもたちの笑顔で、またたくさんの花を咲かせよう」をテーマに安全と安心に気を配り保育していきたいと考えています。
「ありがとう」の気持ちを込めて子どもたちと製作しました。
お部屋の片隅にでも飾っていただければ幸いです。

堤乳幼児保育園園児・職員一同 』

お手紙いただきました。
こちらこそ「ありがとう」の気持ちがいっぱいです。
[PR]

by nobirukko | 2011-07-14 22:07 | みんなのためにできること

「センス・オブ・ワンダー」

森に辿り着く過程に、レイチェル・カーソンの存在が大きかったということに今気がつきました!


大切な人に贈るとっておきの1冊です。


「不都合な真実」のアル・ゴアは、

「沈黙の春」がなかったら、環境運動は始まる事がなかったかもしれない

と言ってます。


映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト

↑ 行きたいんですけどね・・・
[PR]

by nobirukko | 2011-07-13 15:10 | 林業・森の再生