のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


『米のとぎ汁』の乳酸菌が放射能にいいらしい!

中医研での「放射能から子どもを守る」勉強会で聞いた『乳酸菌』
早速作ってみました。

これは”バイオ学者”飯山一郎さんの推奨する『米のとぎ汁』の乳酸菌です。

飯山一郎


d0160351_12363279.jpg

「放射能生活の注意事項」 船瀬俊介より

胚芽にセシウムが残るので白米が良いという説
セシウムを排泄する成分が胚芽に含まれるため、玄米が良いと言う説
どっちもうなずけます。

で、私は玄米と白米と、間をとって五分づき米の3種類を食べてます(笑)
ってか、白米はこの乳酸菌を作るために購入しました。
実は五分づき米のとぎ汁では、ちょっと失敗だったのです。

失敗した臭い液体は庭にまきます(^_^;)


飯山氏いわく、乳酸菌は放射能にはかなり強いそうです!
放射性物質をばくばくだべるそうです!

元手はかからないし、簡単だし、ぜひお試しください♪
既に実践している人は100万人を超えているそうですヽ(^o^)丿
[PR]

by nobirukko | 2011-10-31 12:35 | 放射能から子どもを守る

「ゆめすくーる」と「バザー」と「森deマルシェ」と「ハロウィン」

今日のブログたんとうはyuiです。 

私は今日、ゆめスクールという大学生が中心となって色々な活動をするところにいってきました。
ゆめスクールでは4つわかれていて、そのなかで8回あります。
私はクラフトに行っています。
クラフトは3.4.5年生を対象にしています。
 
今回私はバスケットを作りました。
d0160351_18135612.jpg


ここでは大学生が教えてくれるので、緊張感があまりないというかゆったりして出来ます。


その後にほいくえんのバザーに行きました。
そこではウインナーとみそでんがくと焼きそばとおにぎりと手作りの物を買いました。
ほいくえんは安全な食べ物を出してくれるので、安心です。

久しぶりに友達とあえて良かったです。


その後『森deマルシェ』に行きました。

そこではトラのごほうびや、おもちゃを買いました。
おでんとクレープを買いました。
おでんもクレープもとても美味しかったです。

そして夕方に近所の子(8人)でハロウィンをしました。

d0160351_18154841.jpg


『トリックオアトリート!』と言いながら近所を回りました。

d0160351_18164838.jpg


私はドナルドダックになりました。
いしょうはママが作ってくれました。
でも、いそがしくてぎりぎりになってはじまる少し前にぼうしが仕上がりました。
[PR]

by nobirukko | 2011-10-30 20:35 | 工業・手仕事

竹炭の効果

熊森協会さんでの炭焼きについて以前お伝えしましたが

竹の炭作り

竹炭は土壌改良に効果があるだけでなく、放射線にも有効ではないかと言う意見も「放射能から子どもを守る勉強会」で出ました。

勉強会で一緒だったmさんが見つけてくれたサイトです。


竹炭・竹酢のサクセス・アイ


熊森協会群馬支部の顧問をされている宮下さんの講演を聞いた事がありますが、炭の効能は本当にたくさんあるのです。

宮下正次のブログ


宮下さんから教わった方法で熊森協会群馬支部も炭焼きをされています。
炭焼きをさせてもらい、我が家の畑で竹炭の効果を試してみようと思っています。
[PR]

by nobirukko | 2011-10-29 20:33 | 放射能から子どもを守る

内部被ばくを自己管理する

先週、10月22日の桐生での講演会に、長女と次女を連れて参加しました。

「わたらせ勉強会」主催で、工学博士の五十嵐高さんの講演でした。
うまくまとまりませんがお伝えしたいと思います。

食品の安全基準値について、
d0160351_1883673.jpg

放射性セシウムについて134は無視されているそうで、この数値は137だけだそうです。
セシウム134は、半減期が2年と短いのでデータに含まれておりませんが、実は非常に危険な放射能で、137の2.7倍の強さがあるそうです。
137だけで計算をせず、134も含めて補正が必要だとおっしゃっていました。
(前にもお伝えしましたが、そもそもこの基準値がべらぼうに高いです)

やはり怖いのは外部被ばくより内部被ばくだそうです。

●放射性物質を何Bq(ベクレル)食べたら
何Sv(シーベルト)の被ばくになるのか?

政府は年間の放射線量の基準を1msvとしています。
空間線量の平常値が地上1mで0.008~0.009msv/hなので、×8760時間(1日24時間×365日)で
0.7~0.8msv/yとなります。
つまり、自然から受ける放射能だけで、年間0.7~0.8msvとになるという事です。

これに内部被ばくが加わります。
政府の食品の暫定基準値(500Bqという上限)で計算すると、1年で3.8msvの内部被ばくとなります。
さらにたくさん食べる方は5~6msvとなります。
国の定める年間の基準値を大幅に超えますね。

次に
●どのくらいの被ばくをしたら
どのくらいの確率で病気になるのか?

これに「ゴフマンの計算法」でガンの発症率を割り出します。
これは「平均値」でなく年齢による発症率の違いが考慮されます。
d0160351_2155187.jpg

1年間先程の食生活(国の基準値)をすると

0歳児 → 0.8%
10歳  → 0.5%

国は「今すぐ健康に影響はない」と言ってますが、国の安全基準に則って食生活を送れば、子どもたちは125~200人に1人くらいの割合でガンになるという事になります。

28歳  → 0.2%
48歳  → 0.025%

なんと私と同じものを食べても、10歳のyuiは20倍のリスクがあるっていう事なんです!

私も五十嵐さんの意見に賛成で、全ての食品にベクレル表示を付けて欲しいと思っています。
(既に始まってる所もありますね)
私とパパは○ベクレルでもいいけど、子どもたちには○ベクレルを食べさせよう、そんな選択が出来る方がいいと思うのです。

表示がない時は、北海道と西日本産の農産物と魚(回遊魚を除く)以外を子どもに与えてはいけないそうです。

因みに

ECRR(ヨーロッパ放射線リスク委員会)の基準値は、年間0.1msvで日本の50分の1です(-_-;)

また、野菜も種類によって土の中から取り込む量に違いがあり、米は0.1%に対してジャガイモは30%取り込んでしまいます。
子供に食べさせるいも類の生産地の見極めは必要ですね。

五十嵐さんの見解では
原発を止めても電力は足りる。
火力を使えば大丈夫。

とのことでした。
そう言えば、原発を作りたいが故に、火力発電所の5割が休んでいるというのも何処かに書いてありましたね。

太陽光発電などの自然エネルギーは、電波時計や電卓の様に寿命が短いともおっしゃっていました。

4時から6時半までの2時間半、パワーのある講演会でしたヽ(^o^)丿

五十嵐さんの歳を聞いて驚きました!
なんと87歳!
素晴らしい(^◇^)

五十嵐さん、わたらせ勉強会の皆さん、ありがとうございました!!
[PR]

by nobirukko | 2011-10-28 21:44 | 放射能から子どもを守る

『チェルノブイリハート』観てきました。

11月3日のシネマまえばしでの「チェルノブイリハート」は定員がいっぱいだったため、いつかは観なければと思っていました。
ちょうどシネマテーク高崎で上映してました!
ちょうど高崎に納品に行かなければならなくなりました!

で、観てきました。

チェルノブイリハート

2003年に米アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞した映画です。
名前は知っていました。
でも実際に映像を見ると・・・生半可なドキュメントではありませんでした。


1986年4月26日。
今から25年前にチェルノブイリの原子力発電所が爆発しました。

危険区域の30キロ圏内は16年たった撮影時、まだまだ高い放射能反応がありました。

事故後に生まれたの10代の若者の甲状腺がんの発症率が30~40%。
重度の障害児たち、「水頭症」の子どもも激増したそうです。

そして「チェルノブイリハート」。
放射線の影響で、生まれつき重度の障害を持った子どもたちをこう呼びます。
穴の空いた心臓。手術の順番を待つ子どもたち。
その数は7000人。
そしてロシアでは心臓外科医が圧倒的に足りなく、その全員が手術を受けられる訳ではないのです。

「健常児が生まれる確率は?」
「15~20%」

えっ!?自分の耳を疑い言葉を失いました。
新生児の8割以上が、なんらかの障害を持って生まれてくるなんて・・・
信じられない事実です。


チェルノブイリと福島が、
ベラルーシと群馬が重なります(T_T)

知らないふり、気付かないふりをしている方が楽かもしれません。
でも辛いけど、現実と向き合うしかないのです。

せめて子どもたちだけでも守りましょう。

事実を知って、出来うる限りの対策をたてましょう。




本も売ってます。

シネマテーク高崎での上映は今日まで。
プレビ劇場ISESAKIでは、10月22日から2週間限定で上映中です。

プレビ劇場ISESAKI
[PR]

by nobirukko | 2011-10-28 11:04 | 放射能から子どもを守る

ゆるキャラグランプリ♪

ゆるキャラグランプリにエントリー中のぐんまちゃんを応援してあげて下さい!!

ゆるキャラグランプリに我らがぐんまちゃんがエントリーしています。
現在35位と奮戦中です。
1日1回投票可能ですのでみんなでぐんまちゃんを応援しましょう!

以下、県の通知からの転載です。
~~~
○2011年のゆるキャラ(R)ナンバー1を投票で選ぶ「ゆるキャラ(R)グランプリ2011」に「ぐんまちゃん」がエントリーしました。

 群馬県のマスコットとして、県の広報や観光PR、イメージアップなどで大活躍の「ぐんまちゃん」。
 全国区の人気者になれるよう、日々、頑張っています。
 群馬県を全国にPR出来るよう、「ゆるキャラグランプリ」でも上位目指して奮闘中です。
 パソコンや携帯電話から投票が可能ですので、是非、みなさんの御協力をお願いいたします。

○投票方法

 ・下記の「ゆるキャラ(R)グランプリ2011」のホームページにアクセスして、群馬県の地図をクリックすると「ぐんまちゃん」が現れます。

 ・携帯電話の方は、下記のグランプリホームページ内のQRコードから携帯用投票サイトで投票が出来ます。

 ・11月26日(土)の投票終了まで、パソコンや携帯電話から毎日1回投票が可能です。

 ゆるキャラ(R)グランプリ2011ホームページ→  ゆるキャラグランプリ

d0160351_8433875.jpg

[PR]

by nobirukko | 2011-10-27 08:33 | イベント・セミナー情報

通販生活の原発国民投票に参加しませんか!

「脱○○」とか「反○○」とか「デモ」とか・・・苦手です。

抵抗するものは拡大するから、です。

マザーテレサは

「反戦集会には行きません。
平和集会には行きます。」

と言いました。
そう、これこれ!
私の心には、ものすごくしっくりいく言葉でした。


ということなのですが
こういうことなら参加します。

d0160351_1065689.png


通販生活の原発国民投票です。

本に付いている用紙からでも、ネットからでも参加できます。
[PR]

by nobirukko | 2011-10-26 13:42 | 放射能から子どもを守る

チェルノブイリハートと肥田舜太郎さん講演会

d0160351_21312926.jpg


チェルノブイリハートの上映会はいっぱいだそうですが、肥田舜太郎さんの講演会はまだ余裕があるそうです。

yuiと一緒だから、講演会だけが精一杯です(^_^;)

ご予約はお早めに♪
[PR]

by nobirukko | 2011-10-25 21:33 | 放射能から子どもを守る

放射能から子どもを守る勉強会 報告

中医研で15日に行われた、「放射能から子供を守る勉強会」。

勉強会や講演会の内容を文章にまとめるのは、毎度のことながら苦手な作業で(^_^;)
毎度のことながら時間がかかってしまいます。

座長を務めた、鈴木酒店の鈴木さんのお話しから。
酒屋さんなのに、有機野菜や無添加の食材、フェアトレード商品を扱うとっても楽しいお店です!

鈴木酒店


放射能に負けない身体を作るためには、玄米、味噌汁、わかめを食べると良い。
胚芽に放射性物質がたまるため白米の方がよい。
(胚芽の中に放射能を排出する成分があるため、玄米が良いという説もあります)
牛乳は飲まなくて良い。
日本人には牛乳を分解する酵素がないため、カルシウムは小松菜、海藻から摂る。
魚の内臓、骨、皮は食べない。
野菜は酢漬けにすると良い。(その酢は飲まない)
りんごペクチンが良い。
ヨウ素を海藻から摂る。
セシウムにはカリウムが有効なので、カリウムの多い食品を摂る。
梅はストロンチウムを排出するので、1日1個食べる。

などなど、教えていただきました(^o^)

また、参加者からはたくさんの情報が寄せられました。
機会をみてお伝えしたいと思います。

中医研での勉強会は、今後も毎月続けていく予定だそうです。


≪のびるっこへのお問い合わせは≫
nobirukko@ezweb.ne.jp
090-9330-1739
[PR]

by nobirukko | 2011-10-24 16:50 | 放射能から子どもを守る

ゆめすくーる 2011

yui「ゆめすくーる」2回目です。
あ、1回目は欠席だったため、実質今回は1回目でした(^_^;)

d0160351_2072310.jpg

今日はこんな可愛いのを作りました。
「手ぶくるみ」だそうです。

クラフトを選んだので、計8回毎回こんな感じで作品を作ってくるようです。

「ゆめすくーる」は群馬県青少年会館友の会のユニットのひとつで、大学生中心のボランティアサークルが企画・運営しています。
8回で参加費2500円という安さも魅力的なおススメ企画です。


迎えに行ったついでにお弁当を持ってばら園に寄ってきました。
ベンチでおしゃべりしながらランチタイム♪
d0160351_2075714.jpg

何を真剣に見ているのかと思ったらチョウチョでした(^o^)

午後はどんぐり拾い。
d0160351_19574525.jpg

小学生3人ではありません(^_^;)
成人が混ざっています。

d0160351_2003165.jpg

どんぐり、一緒に拾いませんか?


≪のびるっこへのお問い合わせは≫
shisoyui@rapid.ocn.ne.jp
090-2317-0262
[PR]

by nobirukko | 2011-10-23 20:11 | 工業・手仕事