のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


おおみそかですね・・・

大晦日ですが・・・

友達のご主人の葬儀に行ってきました(T_T)

不慮の事故でした。
人間ってこんなにあっけなく居なくなっちゃうんだ
もしかしたら、こうやって今存在してることの方がむしろ奇跡的な事なんじゃないか
って・・・
そんな風に思ったりしました。

明るく強く賢い友達です。
3人の子どもたちがしっかり支えてくれることでしょう。
私もちょくちょく顔を出して元気づけたいと思っています。
彼女の細かい想いをしっかり読み取れるよう、手話も上達しなきゃです。

相変わらず大掃除は終わりませんでした。
年賀状も写真を撮り終えたところです。
おせち料理は作っている最中です。

そんな小さな事ひとつひとつ
今ある全てのことに感謝して、1年をしめくくりたいと思います。


今年も1年、ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]

by nobirukko | 2011-12-31 17:51 | 季節の行事

<子どもの免疫力を高める>講演会のお知らせです

「子どもの免疫力を高める」講演会のお知らせです!
早いもので今年も残すところあとわずか。大地震に原発事故、残念ながら誰もが忘れられない年になってしまいました。さて、私たちは子どもたちを放射能から守るための一環として、講演会や交流会を定期的に開催してきましたが、この度「子どもの免疫力を高める」と題して、中医研・井上漢方薬剤師を講師に、下記の日程で講演会を開催する事となりました。尚、井上薬剤師は、上毛新聞で毎週「漢方の知恵」という記事を4年9カ月連載された薬剤師です。ご都合がつくようでしたら、お気軽にお越しください♪

講演テーマ  : 「子どもの免疫力を高める」
講師      : 井上正文漢方薬剤師

日時      : 1月14日(土) 午後2時30分~4時

会場      : 中医研2階
会費      : 300円
主催/問い合わせ 子どもたちを放射能から守る草木の会
            027-333-4075 090-1103-6660

*6月に中医研で講演して頂いた黒部信一小児科医師は、次のように述べています。『病気は免疫力が低下すると発症します。睡眠は充分にとり、汚染されていない、あるいは汚染度の低い物を選んで、食べたいものを食べたいだけ食べさせてください。運動も過度に制限せず、汚染度によって注意しながら運動させて下さい。』汚染されてしまった環境の中でも、できるだけのびのび過ごさせて、免疫力を高め、病気をはね返してほしいと願っています。
[PR]

by nobirukko | 2011-12-28 07:57 | 放射能から子どもを守る

子どもたちを内部被ばくから守るために「親が出来る30のこと」

NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」代表の野呂美加さんが書いた本です。
「チェルノブイリへのかけはし」は、チェルのブイリ原発事故で被災した子どもたちを療養のために日本に招く活動を20年続けてきたボランティア団体です。

目の前の危険から子どもたちを守るためのわかりやすい実践が書かれていますので、今日から直ぐに始められる事ばかりです。
ブログでも少しづつお伝えしていけたらいいなと思っていますが。


[PR]

by nobirukko | 2011-12-27 21:55 | 放射能から子どもを守る

クレヨンハウス・ブックレットのおススメ♪

「クレヨンハウス」が大好きです!
お店のオーガニックランチもお気に入りだし、どの階も絵本やおもちゃがいっぱいで、行ったが最後帰れなくなりますヽ(^o^)丿
月刊誌のクーヨンも定期購読してましたが、楽しい情報満載です♪

で、クレヨンハウスから出ました、放射能関連のブックレットが。
薄くて読み易いし、1冊525円と安いです!
特に、私が子育てのホームドクターとして尊敬する「山田真」先生も執筆されてます。
ぜひ読んでみて下さい!








[PR]

by nobirukko | 2011-12-26 22:32 | 放射能から子どもを守る

食品の暫定基準値が変ります

12月23日の読売新聞の1面です。
d0160351_948232.jpg

食品に含まれる放射性セシウムの暫定基準が来年4月から変ります。
今まで、全ての食品に対して暫定基準値が500ベクレル/Kgだったのが → 100ベクレル/Kg
200ベクレル/Kgだった飲料水と牛乳・乳製品は → 飲料水 10ベクレル/Kg 牛乳・乳製品 50ベクレル/Kg
と、下がる事になりました。

もちろん今までのままじゃ困るけど、かといって手放しで喜べる数字ではありません。
新聞が読みにくく申し訳ないのですが(クリックすると拡大出来ます)、これによると

「適用の例外もあり、一般食品のうちコメと牛肉は来年の9月末まで、大豆は来年末までの期間について、現行の暫定規制値(1キログラムあたり500ベクレル)の適用を容認する経過措置を設ける。」

さらに

「放射能の影響をあまり受けていない新しい収穫物が流通するまで時間がかかることや、冷凍貯蔵品が多い実情に配慮した。また来年3月までに製造された加工食品も、賞味期間内は暫定規制値の適用を容認する。」

ということです。

考えるに・・・
直ぐに100ベクレルにしたら基準を超えちゃう食べ物がたくさんあるってことですよね!?
特にコメと牛肉と大豆、それから加工食品も危険ってことですよね!?

どうやらわたしたちの主食であるコメが、来年の新米が出るまでは500ベクレルまでOKという怪しい状態にあるということのようです(+o+)


因みにこの1面記事の両隣の記事は
「八ッ場ダム建設継続」と「東電家庭向け値上げ」でした(>_<)
この国って一体・・・
[PR]

by nobirukko | 2011-12-23 22:46 | 放射能から子どもを守る

手術が無事に終わりました。

とらのチェリーアイと去勢の手術が無事に終わりました。

学校から帰るととらが居ないのが寂しくて涙ぐんでたyui。
いつもはけんかばかりしている二人(ん?一人と一匹)ですが、やっぱ家族なんですね。
yuiにもお姉ちゃんの自覚が出てきたようです(笑)
d0160351_1104025.jpg


チェリーアイは仕方ないにしても、去勢は苦渋の選択でした。
本来持って生まれたものを人間の都合で取ってしまうのですから。

大型犬で室内犬ということもあります。
yuiやおばあちゃんが散歩に連れ出せるため、と言うのもあります。
無責任に子作りが出来ないというのもあります。
ブリーダーや動物病院の先生とも相談しながら、この先10年間をとらちゃんが1番幸せに過ごせるための手段としてこの方法を選んだ訳です。

ん~、まだ「だからどう」ってことはないです(汗)
相変わらず図体の大きな子犬状態です。
でも最近は庭が気に入ってるみたいで、画像の様に半日くらい外で過ごすことが多くなりました。
行きかう人を眺めてみたり吠えてみたり(笑)
夜も良く眠るようになった、6か月のとらちゃんです。
[PR]

by nobirukko | 2011-12-22 22:55 | いきもの

やっとクリスマスらしく・・・

毎年この時期、1年で1番忙しく働いています(^v^)
で、今年は特になんやかやで、玄関のディスプレイがなんとハロウィンのままです(-_-;)

昨日とその前のゆめすくーるで、こんなもの作ってきました。
d0160351_1892552.jpg

yuiのおかげで、すっかりクリスマス気分です!
ありがとう♪
[PR]

by nobirukko | 2011-12-19 18:03 | 工業・手仕事

お水はどうしてるのですか?

とも聞かれます。
ずばり「浄水器」です。

以前は料理の鉄人で愛用されていた「シーガルフォー」を使っていましたが、現在はアルカリ還元水の作れる浄水器に変えました。
知り合いが安く譲ってくれたのもあり、家族がとにかく水をよく飲むというのもあり。
トータルで考えて、「安全で安い」だろうということですかね。
(だからといって浄水器会社の回し者ではありません(笑))

買ってみて分かったのですが、どうやら浄水器には種類も値段もいろいろあるようです。
詳しい事はうまく説明できませんが、これは電気分解して「アルカリ還元水」と「酸性水」に分けるようなんです。
体内にはアルカリ性が良いので、こっちは飲料にします。
酸性水は外側に上手に働きかけるそうで、髪に付けると艶やかに、化粧水代わりに肌がすべすべになるとか!でも面倒なので酸性水はそのまま捨ててしまってます(笑)
購入時の実験では、DPT試薬で塩素の実験をしたり、還元水に浸けて農薬を除去したりと興味深かった覚えがあります。

さて、回し者のような説明が続きますが(笑)
決め手として
●塩素やトリハロメタン、農薬、鉛などを除去できること
●クラスターが小さいと身体への吸収が良いこと
●アルカリ性であることから、カルシウムを消耗しないこと
●酸化還元電位が低く、活性酸素を消去できること
●フィルターが安い上にプレフィルターがついていること
(シーガルフォーはフィルターが高かった!)
などから、この浄水器が気に入っている訳です。

もともと渋川の水はそんなに汚くないって思ってました。
d0160351_15315053.jpg

本体の前に付いているプレフィルターです。
普段はこれを交換するだけですが、この画像は交換後1ヵ月経ってないものです。
ちょっと驚きです(+o+)

それから、先日新しい資料を頂きました。
この浄水器の半分の能力のカートリッジで福島県双葉町の井戸水を実験したそうです。
ヨウ素131が  294Bq/kg→0Bq/kg
セシウム134が 387Bq/kg→0Bq/kg
セシウム137が 443Bq/kg→0Bq/kg
という結果が出たそうです。
私はこれを見るまでは、浄水器で放射能が除去出来るとは思っていなかったのでとてもびっくりしました。

    
何度も言うようですが決して回し者ではなく、うちではこうですよっていう話しでした。
因みに、我が家はこういうことのお金は使います。
その代わり、ジュースなどはほとんど買いませんし、出かけるときは全員が必ず家から水を持っていきます。
だから決して高い買い物ではないってことです!
[PR]

by nobirukko | 2011-12-18 15:37 | 放射能から子どもを守る

では、どうしているのですか?

と、最近よく聞かれます(笑)
放射能汚染された中でも、毎日食事しなきゃならないですから。

そこで我が家の食の対策についてちょっとお話しします。

とても簡単な事ですが、要は「信頼してる所で買う」それだけです。
私は農薬や添加物の少ない安全な食材を手に入れたくて、パルシステムで買い物をしています。
(もちろんパルシステムの回し者ではありません(^_^;))
元々スーパーは寒くて苦手な上に、仕事が忙しくて買い物に行く時間が取れません。
重たい食材を玄関まで運んでくれるなんて、この上なくありがたく贅沢な事です。
(パルのお兄ちゃんいつもありがとう♪)
例えばウインナーも、発色剤、結着力を補強するリン酸塩、うまみを補う化学調味料の全てが入っていない物はスーパーではなかなか見つけられません。
牛乳やビールを、たとえカートを利用しても、車までまた車から家まで運ぶのは結構大変です。
楽をして安全という手放し状態を続けています(笑)

今回の放射能の汚染により、たくさんの食材が安全か安全でないか、また新たな振り分けをされる事となりました。
目には見えない放射能ですから、やはり機械で調べるしか方法がありません。
生活クラブとパルシステムがいち早く食品の放射線測定器を導入したと言う事も、安心感と信頼感をこんせんくんに寄せてしまう理由の一つです。
検出限界値がセシウムでは5~10Bq/Kgというのも私的には決めての1つだし、毎回こんなチラシが入るのも安心できる材料の一つです。
d0160351_20592225.jpg

ここに限りませんが、安心できるお店を見つけるのも放射能対策には有効かなと言うのは精神的なものもあると思うのです。
[PR]

by nobirukko | 2011-12-17 21:07 | 放射能から子どもを守る

マスクのススメ

群馬県特有の「からっ風」が吹く季節となりました。この乾いた風が、今年は放射性物質を含んだ粉じんと共に飛んでくる可能性が高いそうです。もちろん冬は北から風が吹き、北側に位置するのは今回の原発事故で汚染され大量に放射性物質を蓄えてしまった山々です。

子どもたちが放射性物質を含んだちりを吸い込まない為にも、マスクの着用をおすすめします。浮遊する放射線はマスクを通り抜けるのは仕方ありませんが、体内にちりとして取り込むのを防げるのです。使い捨てマスク2枚の間に濡れたガーゼを挟み、登下校に着用して下さい。使い捨てと言うのは、マスク表面に放射能が付いてしまうからなので、使ったら必ず捨ててください。間にはさむガーゼは、水分がちりの吸着能力を高めるからです。これを登下校で活用すれば、だいぶちりの対策になると思います。
外から帰ったら洋服を良く払ってから家に入ること。花粉対策とも同じですね。子どもの上着も、ちりが払いやすい生地が良いかもしれませんね。玄関の外に、小さなブラシやほうきの様なものを用意しておくと払うのも楽ですよ。

子どもの外部被ばくを少しでも減らすためには、親のこまごました日々の努力ってとても大事だと思います。今後は分かりませんが、とりあえず今年だけでもやってみましょう♪
[PR]

by nobirukko | 2011-12-16 22:03 | 放射能から子どもを守る