のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧


どんぐりまき、赤城山現地調査

渋川のクマ捕殺数(8月末まで)10頭中8頭が赤城の山のクマでした。
そのため、今回は赤城からどんぐりまきを始めます。

今日は猟友会の隊長さんにお話をうかがいながら、現地を案内していただきました。

赤城では「赤城自然園」の少し上に、こんなわなが仕掛けてあります。
d0160351_8261863.jpg

ジャガイモ(芽が出てしまったが)、とうもろこし(クマ以外の動物に食べられてしまったが)、はちみつ(くまのプーさんも好物)などをおとりに、クマをおりに導きます。
この上の方に県の定点カメラがあり、その数日後にそこに映ったクマがこの辺りを通るそうなんです。
クマのコースなんですね。

「赤城自然園」からは、「クマが出ないようにして欲しい」と言われるそうなんですが
「自然園だったらクマだって居てもおかしくねえだんべ~」
と隊長さん、ごもっともです(笑)

クマに留まって欲しい、山の一番上の方にどんぐりを撒いてきました。
d0160351_83758100.jpg


もちろんクマはここよりずっと下にも居るのですが、ここに戻ってえさを食べてくれれば人間に殺されずに済むんですよね。
群馬県では8月末までの調査で、捕殺した数161頭、放獣した数6頭。
人間に捕まったが最後、ほぼ殺処分です。
一方長野県では、捕殺数187頭は群馬と同程度ですが、放獣数がなんと201頭と圧倒的に多いことは興味深いです。
この件を県の担当者は、「群馬は人手不足」と表現していました。
隊長曰く、どうやらクマへの麻酔は県の職員でないと出来ないそうなんです。
しかもそのためには3つの免許が必要とか。
この条件を緩和して処置の出来る人員を増やすことで、かなりの放獣が見込めるという隊長の意見に同感です。

そして放獣する際はオスメスのペアを山に戻すことで絶滅は防げるともおっしゃっていました。

猟友会ということで、荒々しいハンターをイメージしていましたが、クマの立場で考えアドバイスしてくれる優しい隊長と出会えたことはラッキーでした。

これからも現状を報告し、新しい情報もいただきながら、私たちの小さな活動と連携していって欲しいと思っています。
[PR]

by nobirukko | 2012-10-30 22:17 | 林業・森の再生

どんぐりを食べてみたぁ

先日のどんぐりまきの際、いただきました。
d0160351_6175850.jpg

どんぐり(マテバシイ)を軽く炒ったそうです。
美味しい!

d0160351_6193150.jpg

いつも食べてる生アーモンドに似ています。

かつての日本人は、このどんぐりを主食にしていました。
粟やヒエを補うため、あく抜きしたどんぐりを食べていたそうなんです。
もちろんこのマテバシイのように、今でもシイ類は生で食べられますし、渋いどんぐりもあく抜きすれば食べられます。

どんぐりコーヒー飲みながら、どんぐりクッキーなんていう楽しみ方もありそうです( ´ ▽ ` )ノ
[PR]

by nobirukko | 2012-10-29 21:08 |

ミサンガ

昨日の「ゆめすくーる」では、ミサンガを作ってきたyuiです。
d0160351_1744302.jpg

こ~んな立派なものが作れるんだ~♪
[PR]

by nobirukko | 2012-10-29 17:41 | 工業・手仕事

恒例のハロウィン⇒夜のバーベキュー

ハロウィン当日ではないのですが、せっかくみんなが集まるのだからバーベキューでもやりましょうかということになりました。
子どもたちにはお楽しみの夜です。
yuiにいたっては前日の金曜日から近所のazuちゃんrituちゃんが泊まって、たこやきパーティーで盛り上がってからの流れで、もう楽しさが止まらない!という感じです。
d0160351_7205486.jpg

去年から中学生になった3人が抜け、なんだか寂しい感じになってきました~。
来年はママたちも仮装しようかな~??

d0160351_7232511.jpg

真夜中の組立体操!
花火をしたり逆立ちしたり、秋の夜長は更けていきます~。
[PR]

by nobirukko | 2012-10-28 21:57 | 季節の行事

「免疫力を高める」連続講座4回目 「経穴と免疫」

「免疫力を高める」連続講座の4回目は、自然健康村(前中医研)鍼灸師の石川恵子先生です。
若くハツラツとした鍼灸界のホープといった感じで、ほいほいと躊躇なく、楽しい雰囲気で講座が進みます。

「人間の免疫力は18歳~22歳がピークで、40歳代の免疫力はピーク時の半分の50%になる。70歳代はわずか10%」
ガァ~ン!!
すでに半分を切っている(; ̄ェ ̄)

免疫力を下げるのはこの「加齢」のほかにも
「環境」大気汚染、水質汚染、土壌汚染、オゾン層の破壊による紫外線の増加、化学物質の増加
「生活習慣」和食から欧米食への食生活の変化、インスタント食品、加工食品の増加、偏食などが免疫力を弱める原因
*因みにマクドナルドが一番早く進出した沖縄は、日本の中では一番の欧米食。
高脂血症、高血圧が多いんだそうです。
「ストレス」精神的ストレスが多いとき、T細胞等の増殖力や活性度が減少。心の状態によって変動するホルモンや神経伝達物質が、免疫細胞の活動に直接影響を与えている

ということでした。

風邪をひく前に抵抗力を高める「関元」
風邪の進入経路を断つ「大椎」
のどの痛みや風邪のひき始めの頭痛に「合谷」
胃腸を整える「足三里」
加齢に対抗「腎愈」
ストレスの解消に「太衝」
などのツボを教えてもらいました。

「家族や友人と経穴を通じてコミュニケーションをとる事、触れ合う事が大事」
とおっしゃっていました。

毎日家族でツボを押したりお灸をしたり、東洋医学で免疫力アップを目指しましょう♪
[PR]

by nobirukko | 2012-10-27 23:33 | 放射能から子どもを守る

メロディーラインって楽しい♪

群馬県には、10箇所のメロディーラインがあるということはご存知ですか?

そもそもメロディーラインって何?
道路に溝が掘ってあって、制限速度で走るとメロディーが聞こえてくる道路です。
後続車両がある場合、制限速度で走るのはかなり勇気が要りますが、あおられながらメロディーを楽しんでいただきたいです(笑)

その場所ですが・・・
榛名湖畔に向かう直線で「静かな湖畔」が聴けるのはちょっと有名ですが。
先日上野村に向かう国道462号線では「こいのぼり」が。
これは地元の神流川のこいのぼりに因んででしょうね。
桐生方面に向かう国道353号線で最近聴いたのが「チューリップ」。
前橋出身の方の作曲なんだそうです。
草津の「草津節」も聴いたことがありますね。
他にも 
中之条町「いつも何度でも」
高山村「星に願いを」
みなかみ町「四季の歌」
片品村「夏の思い出」
桐生市~みどり市「うさぎとかめ」
嬬恋村「雪山讃歌」
があるそうです。

制限速度で走らないと聞こえないので、スピードを抑制できることや、居眠り防止、観光地のアピール等の効果があるそうです。

皆さんもメロディーラインを探しに行ってみてはいかがでしょう~♪♪
[PR]

by nobirukko | 2012-10-26 18:57 | おでかけ

発酵食品は3代前にさかのぼる

最近キーワードになってる「発酵食品」。
免疫システムの要である「腸」を元気にするために、発酵食品は欠かせません。

腸にいい発酵食品っていうと、ヨーグルトを思いつく人も多いかもしれませんが、私たち日本人にはヨーグルトより味噌汁やぬか漬けという発酵食品がいいようです。
それは3代前にさかのぼって、おばあちゃんは何を食べていたか?ということで、代々引き継がれてきた腸内環境は、日本人の場合ヨーグルトではないということだそうです。

ヨーグルトやチーズを食べる食文化ではなかった日本人ですから、ヨーグルトで腸内を元気にしたかったら食べ続けなければならないということですね。

では我が家の発酵生活はというと・・・
d0160351_18191410.jpg


冷蔵庫の上段を占領しているのが、ぬか床、塩麹、醤油麹、むすひの酒粕です。
漬物用の琺瑯は「野田ホーロー」ですが、蓋に力強さがないため、それ以外は重ねられる「無印良品」の琺瑯容器を使用しています。
匂いもつかず、丈夫で長持ちです。

朝の味噌汁は野菜たっぷり具沢山で、もちろん長期熟成の味噌を使い、塩麹や醤油麹を足す場合もあります。
寺田本家の「むすひの酒粕」は必ず入れます。
それから、ぬか漬けをおかずにして、なんちゃって酵素玄米を食べます。
納豆やのり、梅干、時には魚も焼きますが、朝はそんな感じです。
長女には好物の仁井田本家の「米グルト」を買ってあげたり、麹ジュースを手作りすることも。
総じて言える事は、発酵食品は「簡単」で「美味しい」ってことでしょうか(^∇^)
あ、夜は程よく発酵した闇酒で一杯やるのも、腸の健康に一役買ってくれてるみたいです~。

出来たらmichiさんみたいに自分でおかかを削って出汁を取り、自分で育てた野菜を具にして、自分で育てた大豆で作った味噌と豆腐を入れた味噌汁を作るのが夢です。
そんな生活を当たり前にするmichiさんはかっこいいなと思うし尊敬します。
[PR]

by nobirukko | 2012-10-25 21:22 | 放射能から子どもを守る

「どんぐりまき」と「新聞記事」と「テレビ取材」 くまもり協会群馬支部の活躍ぶり

くまもり協会さんに誘っていただき、みなかみの奥山の熊たちにどんぐりを届けてきました。

山への道中は、道がかなり荒れています。
登山道も、入り口の案内板はあれど、どこが道なのかわからない有様。
ここへは誰もやってこないのでしょうか?

d0160351_87539.jpg

里の公園や駐車場などで拾ったどんぐりを、獣道のあたりに置きます。

d0160351_955461.jpg

クマ棚発見!
*クマ棚とは・・・クマがどんぐりや栗を食べるために木に登り、枝を折った跡。
枝を折っては手繰り寄せて食べ、折った枝はお尻の下に敷くのだとか。折れた枝が重なって棚のようになるのでこう呼ぶそうです。

その下にはたくさんの栗の食べた跡が。
d0160351_912996.jpg

上手に食べるでしょ。

d0160351_9124135.jpg

まだ食べてからさほど時間がたっていない感じの痕跡です。

今年は山の実りが豊富なようで、熊はもちろんでしょうがくまもり協会のみなさんがとても喜んでいました。
これでお腹一杯にして、静かに冬眠してほしいと願いながら、コンテナに10箱位でしょうか、どんぐりと栗を置いてきました。

d0160351_9203419.jpg

冬眠はここですか?

d0160351_11561388.jpg

どんぐり撒いて、ごみを拾ってきた~(笑)

どんぐりまきが終わったら、月夜野の親水公園で休憩。
d0160351_8302297.jpg

笑顔が素敵な、くまもり協会のみなさんです。
今年一番の冷え込みで谷川岳では初雪が観測されましたが、ここはいろんな意味で温かい(笑)
お湯を沸かして、カップヌードルと珈琲を振舞っていただきました♪

17日には先日の知事宛の申入書が朝日新聞の記事となりました。
d0160351_9394370.jpg

くまが出たから撃ち殺す、というのは究極のその場しのぎ。
そして私たちができるどんぐりを拾って届けたり、実のなる木を植えたり、栗の木が元気でいられるように炭を撒いたりすることも一時的な対処でしかありません。
抜本的な改革が出来るのは、行政主導でなきゃ無理だと思うのです。

くまもり協会群馬支部の川嵜さんが記事の中でも言うように、
「人と熊が住み分けできるエリア作り」
ということに本気で取り組んで欲しいと思います。
先日の県の農林課の方が
「尾瀬では熊と人とのゾーニングが図られている。」
ともおっしゃっていました。
可能性を感じます。

新聞に続き今夜はNHKニュースの「ほっとぐんま640」の特集で、またもやくまもり協会さん登場です!

川嵜さん、渋くてかっこいい!
d0160351_11463939.jpg

沼田や月夜野で熊の目撃情報が相次いでいるそうで、子どもたちは熊鈴をつけての登下校です。
取材のこの日、撒いたどんぐりは250キロ。
熊1頭の2週間分の量だそうです。
以下はニュースの内容そのままにお届けします。

川嵜さん「餌付けになるからやめたほうがいいという話もあるが、林業の被害を受けている人もいる。農家でとうもろこしをやられたりりんごを食べられたりしてる。」

―川嵜さんは、こうした取り組みは一時的なもので、人間と熊の生活を分ける「里山」の重要性を指摘しています。

川嵜さん「動物と人間の境界の部分の手入れが、行き届かなくなった。里山放置が起こっている。結局、人間と顔をあわせる機会が少なくなり、動物はどんどん下におりてきている。」

―高齢化や後継者不足で、里山の管理が行き届かなくなり、耕作不耕起地が増えていることから、熊の行動範囲が広がってきていると川嵜さんは指摘します。

川嵜さん「森を見直してもらう、森に入ってもらう、森の手入れをしてもらうことをしていかなければ、次の世代次の次の世代、生きられなくなる。人間が被害を受けている時代だからこそ、今やらないと間に合わない。」

―森で暮らす熊といかに共存していくのか、相次ぐ熊の出没は、自然とどう向き合うかを私たちに問いかけています。

以上です。
(さすがニュース、まとめ方が上手いね~)
[PR]

by nobirukko | 2012-10-24 22:57 | 林業・森の再生

マチカドマルシェ

こちらも楽しそう♪
とらのイヤホンジャックを作ってくれた「sweet devi」のmihoちゃんも出展します。
あれ!主催は「まむずはんどヒーリング」だったのね。
じゃあ楽しいこと間違いなしですね~。
yuiの吹奏楽仲間、k君やr君たちのライブステージもあるそうです♪
d0160351_726199.jpg
d0160351_726971.jpg

[PR]

by nobirukko | 2012-10-23 20:22 | イベント・セミナー情報

富岡「動楽市」の開催です~♪

買い物したり、ワークショップに参加したり、ライブを楽しんだり、おいしいもの食べたり・・・
一日中、楽しめます♪
d0160351_2047479.jpg

[PR]

by nobirukko | 2012-10-22 18:08 | イベント・セミナー情報