「ほっ」と。キャンペーン

のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
串揚げ ふさお
at 2017-01-16 23:47
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


「元気に死ぬべえ」

さて、昨日の「ルンズ・ファーム」の永澤さん。
本の内容をシェアしたいと思います。

d0160351_11261517.jpg


「元気に死ぬべえ」
元気に土に還る。
「健康」の究極の目的はこの1点にある。
幾つになっても自分のことは自分で出来る。
介護の要らない健康なこころとからだ。
元気に死ぬ。
このことは誰もが願うことだろう。
そしてこの望みは誰でもかなえられる。

帯の言葉。

うちは年寄りが4人居るからね~(笑)
そのうち半分、要介護だからね~(笑)
せめて自分は「元気に死にたい!」と常々思ってました。

毎年5月に集まる同級生。
その中の一人nyanちゃんは、最近いつも家族旅行と重なって欠席がち。
どうやらご主人が病いで入院して以来、家族での時間を大切にと旅行を始めたそう。

数年前のこと
「旦那さん肺がんになっちゃったから、みんなに会ったらタバコやめるように言って!
肺がん、苦しいよ!!」って言ってたんだよね〜。
で、私その通り伝えましたよ。
でもねぇ、みんなもくもくもくもく。
この仲間、喫煙率すごく高くて・・・(>人<;)
女の子も二人吸ってた時に数えたら、なんと20人中煙出してないの4人だけってこともありました〜( ̄◇ ̄;)
うちのパパは、休んでたりもくもくしてたり、この飲み会をきっかけに吸い始めたり・・・
本当にね、せっかくこうやって集まったんだから、
「元気に死ぬべえ」
と私は言いたい!!
[PR]

by nobirukko | 2013-02-27 21:31 | 絵本・本・原画展

ルンズファームに行って来た〜!

群馬の日帰り温泉人気ランキングNO.1の「天地の湯」がある「ルンズ・ファーム」に行ってきました。

こちらのオーナーの永澤徹さんと会わせたいと言ってくれた方が、台東区議会議員の鈴木一郎さん。
パパの友達の義理の弟さんです。
彼のCDが家にあるので、私はてっきりミュージシャンだと思っていたのですが、議員さんでした〜(笑)
一郎さんにプレゼントしていただいた永澤さんの著書、「元気に死ぬべえ」は、現在平行して読んでる中の1冊です。

ルンズ・ファーム

d0160351_9253984.jpg

ここにはこんな図書館もある。 「森の図書館」

d0160351_9254096.jpg

眺める景色は絶景!!
榛名の山もよく見える!!
何もせずに「ここに来るだけ」というのも、私の選択肢に加えられました〜
(^∇^)

農業の話から熊の話題に移り・・・
このブドウ畑も建物の場所も、元々は森だったものを永澤さん自身が開拓されたそう。
ブドウの右手の畑のトウモロコシを熊が食べ、デザートにブドウを食べ、ついでにうんこもしていくとか(笑)
「元は彼等の住む場所に、我々がお邪魔している。だから自由に食べてもらってる」
その潔い考え方、私は大好きです。

一緒に打ち合わせた田部井さんと3人で、施設内のレストランで食事。
あっれ〜!ここで働いてたの〜?
保育園の時のママ友と再会(=´∀`)人(´∀`=)
超美人姉妹のお姉ちゃんで、子どもたちもみんな可愛い。
しかもここの料理、美味しい〜!!
さらになんとなんと、グランドピアノもあり、念願だったhiromiさんのバイオリンのコンサートがここなら出来ると確信!

農業、音楽、ワイン、温泉、そして美味しいもの
ここを拠点として、いろんな広がりの可能性は模索する価値あり!です。
[PR]

by nobirukko | 2013-02-26 21:10 | おでかけ

「工房あかね展」最終日

まついだ森の家で開催されてました「工房あかね展」。
本日無事に最終日を迎えることとなりました。
足をお運びいただいたたくさんの方々、お手伝いのスタッフに私からも心からの感謝を!!
と言ってみたものの・・・何を隠そう私、今回のイベントに今日が初参加です(笑)

d0160351_931212.jpg

のびるっこ企画のワークショップは「食べられるカラフルいくら作り」♪
塩化カルシウム(又は乳酸カルシウム)の水溶液に、色をつけたアルギン酸ナトリウムの水溶液をぽとぽと落として作ります。
色はいつものように、抹茶、ココア、きな粉、食紅の4種。
ただひたすら、ぽとぽとと・・・この単純作業が、やってみるととっても楽しい!
子どもたち、始めたが最後なかなか止まらない!
気持ちわかるわかる!
大人もちょいちょいやってみる。

d0160351_9331478.jpg

大腸とう○こ。
大人は、ってか私はこのレベル( ̄◇ ̄;)


遊んでると「みちくさや」の金井悦子さんのウクレレ演奏が始まり・・・

みちくさや
http://michikusa-ya.com/

d0160351_11201556.jpg


いや~、癒されるワァ~♪
ウクレレの音も、歌声も( ´ ▽ ` )ノ

最後に
なんでもかんでもどんどん実行、実行委員長のmikiさんから感動の挨拶。

み「せっちゃん、相変わらず美味しいとこにいるね~!」(笑笑)
私「いや~、mikiさんいい挨拶だったね~!感動したよ~!私もがんばって良かったよ~!やった感満載だよ~!!」
み「やっだ~、せっちゃん今日しか来てないじゃん!!」(爆笑)

で、毎度のことながら、にぎやかして来ただけね
そしてこのワークショップも、のびるっこママのharumiさんあってのことで!
いつもいつもありがとねm(_ _)m
[PR]

by nobirukko | 2013-02-24 21:23 | イベント・セミナー情報

「さよならコンサート」

yuiたち吹奏楽部の「さよならコンサート」。
今日でお世話になった先輩たちともお別れです。

d0160351_1872778.jpg


地元ですから~
家族全員の母校ですから~
「校歌」はいつ聴いてもじ~んときます!

しかも左端のトランペット。
私の幼なじみが学校に寄付したものらしいのです。
年代もの!
しかも、去年はyuiが使ってたペットだったそうで
人とのつながり、「縁」というものの不思議さを感じます。

フェスティバルで演奏した曲や
先輩オリジナルの曲の演奏
そして、演奏だけでなくダンスも披露してくれる芸達者な先輩たち

盛りだくさんのコンサートでした!

とはいえ、この寒さ!!
だだっ広い体育館に、暖をとるボイラーが後方に1台のみ!
手がかじかんで、子どもたちの演奏に支障が出たりしました(>_<)

そんな中、ボイラー係の私ばかりがぬくぬく暖かい思いをしてて・・・
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです~ヽ(´o`;
[PR]

by nobirukko | 2013-02-23 23:59 | 舞台・音楽・映画

遺伝子組み換え食品を避けるためのチェックシート

遺伝子組み換え作物は、食品の加工のために多用されています。
実はほとんどの食品に含まれているようです(驚)
しかし表示が無いため、私たちは遺伝子組み換え食品を避けることができないのです。
このチェックシートを使って、食品添加物、加工食品を選ぶ際の参考にしてくださいね。

d0160351_941540.jpg

[PR]

by nobirukko | 2013-02-22 18:42 |

ビッグサイトで恐怖体験

19日の朝のこと。
忙しかったため、ビックサイト前のベンチで朝ごはん。
サンドイッチ食べてました。
すると、スズメが一羽近づいてきたので、パンをちぎってあげました。
嬉しそうに食べる姿が可愛くて、違うスズメも来たからその子にもあげました。
そしたらちょっと大きめの鳥も来て、その子にあげたらハトが来て・・・・・Σ(゚д゚lll)

ほんの1分くらいの間に、私は数十羽のハトに取り囲まれてしまいました。

私の手には1切れのサンドイッチが残り、数十羽のハトとスズメとその中間くらいの鳥が一斉に見つめてる。
怖かった。
怖いなんてもんじゃなかった。
恐怖で声も出ませんでした。

慌てて残りのサンドイッチ全部口に放り込み、「私、何も持ってないですよ」と鳥たちにアピール。

ちょっと先の喫煙場所でタバコ吸ってる夫らしき人、ただ笑ってるだけ。
都会じゃあ誰も、夫ですら助けてくれないんだって、よ~くわかった出来事でした。

d0160351_17572135.jpg

[PR]

by nobirukko | 2013-02-21 20:34 | どうでもいいこと

マルセイユ石鹸

そして今日はmi~ちゃんの家へ。



ファミサポのみなさんから頂いた石鹸の使い心地がとっても良くて、この本を元に作ろうと材料を分けて頂いてたのですが。
なかなかまとまった時間が取れず・・・
こ~して思いもかけず、おしゃべりしながら石鹸を作る運びとなったわけです。
mi~ちゃん、材料、器具を準備し、段取り良く作業に取り掛かります。
私?あ、私はひざ掛けに包まり、ぬくぬくと本見ながら指示出すだけです(笑)

ここ「戸越」に来るために、「大井町」から電車に乗ったのだけど
車両とホームの長さに違いがあるそうで、どうやら「戸越」は後ろから1、2両目ってそのホームが無い場所に位置してるらしく、ドアが開かないらしい。
ほら、田舎の電車って冬場は「ドアは自分で開けてください」とか書いてあるでしょ。
その類と思い、「戸越」で自分で開けようとしたら運転手さんそっこーでやってきて怒られた!
で、降りるの断念して3両目まで歩き、「中延」から引き返したという。
その一連の出来事だけでなんだかすっかりくたびれてしまったのでした~(笑)

4種類の石鹸が出来ました♪
石鹸は今後3ヶ月寝かせます。
後日、分けてもらう予定です。
[PR]

by nobirukko | 2013-02-20 22:08 | 工業・手仕事

「国際ホテルレストランショー」お手伝い

東京ビッグサイトで行われた「国際ホテルレストランショー」。
生ごみ消滅型機械のメーカー「シンクピア・ジャパン」の展示ブースへ、お手伝いのため参加しました。

シンクピア


d0160351_9413751.jpg

ビッグサイト内のレストラン「ROYAL」で出た生ごみを、展示ブース内で処理していきます。
独自のバクテリアの力で、生ごみは水と炭酸ガスに分解されます。
まったく臭いもなく、見事に消えていく様子に、バクテリアの偉大さを感じます。

d0160351_956783.jpg

「ミラパケッソ」「地球カイカイ」のクラレと共同開発中です。

クラレ

さて、私は仕事で来たはずですが・・・
品川のmi~ちゃんが合流、パンこね機を一緒に探します。
d0160351_10514983.jpg

イケメンシェフのコンベクションオーブンでの料理を試食します。

d0160351_11162238.jpg

すみません m(_ _)m 試食巡りで満腹です!


そしてさらにすみません m(_ _)m まったくお手伝いになってませんでした。

1泊の予定だったので、品川のmi~ちゃんと再度合流!
大井町で夕食に付き合ってもらいます。
d0160351_11194790.jpg

前菜の生湯葉、馬刺し、ちいたけ(小さいしいたけ)どれも美味しい!

d0160351_11221210.jpg

ワインもいただきながら、しゃぶしゃぶを堪能します。

幸せなひと時を、mi~ちゃん本当にありがとう!!
[PR]

by nobirukko | 2013-02-19 22:18 | おでかけ

33年ぶりの同窓会

土曜日は、保小中学校一貫教育(!?)で学んだ友たちと、33年ぶりの再会でした。
ま、19年前に一度開催されたのですが。
残念なことに、生涯でのただ一度のインフルエンザ発症が、この同窓会の前日でした(泣)

驚くことに幹事が「同窓会本舗」ってとこに業務を委託したそうで。
(そういう業者の存在にびっくりですが!)
案内の発送から名簿の作成、会場の手配や司会進行、二次会の手配まですべて請け負ってくれました。
幹事さん、さぞ安心だったでしょうね~!

そしてその「同窓会本舗」には各同窓生専用のHPがあり。
名簿の自分の名前にクリックすると、寂しそうな顔マークがニコニコマークに変わったり。
掲示板で近況を書き込めたり。
出欠席の返事もこのWEB上で可能という、まったくもって現代的なツールなのです。
もちろんパソコンがないとか、携帯でアクセスが出来ないというアナログも多いのが私の世代でもあるのですが(笑)
それでも半数近くの仲間が集い、1~4次会までそれはそれは盛り上がりました。

因みにうちのパパはその一貫教育の仲間で、我が家はこの晩二人分の1~4次会の出費がありました!
そうしょっちゅうの開催はお断りします(- -:)
[PR]

by nobirukko | 2013-02-18 22:39 | どうでもいいこと

「味噌作り」講習会

「たねやす」のやっちゃん。
先月の餅つきに続いて、オリジナル企画に連続の登場です~!

助かる~♪
とりあえず初挑戦なので、至れり尽くせりの今回のワークショップは魅力です。

d0160351_22113242.jpg

予め塩をまぶしてある麹をほぐします。
麹はもちろん、やっちゃん手作り!

d0160351_22123716.jpg

煮た大豆とよおく混ぜ、玉にまとめます。

d0160351_22133490.jpg

味噌の玉を容器に叩きつける!叩きつける!そして叩きつける!
コレは空気を抜くためだそうですが、あちこち飛び散ります。
調理室借りてよかった(笑)

私は15キロ作ったので、重石は7割の10キロ。
ないので買うまでお米を10キロ乗せておくことに(笑)

ドタキャン続きで3世帯の参加でしたが、子供たちは楽しそうに作業してました。
本当だったら麹を作るところからやりたいところですが、今後80㌫お任せからどの程度自分たちに負荷をかけることが可能か、みんなで検討していきたいと思っています。

来年度の味噌作りに参加したい方は、遠慮なくご連絡ください。

[問い合わせ]のびるっこ
shisoyui@rapid.ocn.ne.jp
09023170262
[PR]

by nobirukko | 2013-02-17 21:55 | 会員オリジナル企画