のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作り 2日目
at 2017-02-19 20:50
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


国民を元気にする仲間たちの会

常々尊敬している熊森協会群馬支部長のkawasakiさんが、満を持して「国民を元気にする仲間たちの会」を発足したのが10月16日。

私は東京おもちゃまつりにぶつかり参加することができなかったのですが、盛況に終わった総会の興奮も冷めやらぬまま、次なる研修会に向けて発進するその行動力にはあっぱれという他ありません♪( ´▽`)

d0160351_07181821.jpg

「無農薬、無化学肥料で作る農産物づくりと、松枯れを止める土壌づくり」という研修会が開かれます。

以下、案内文を転載。
農薬、化学肥料が人体に及ぼす影響を多くの学者、研究者によって指摘されてきました。現在、様々な生活習慣病やあ、増加の一途を辿る発達障害等も、5000万種に及ぶ化学物質等が大きく関わっていると言われています。
私たちのこの「会」は原因を見極め、対策を検討し実行する事を目的として設立しました。
この度は第1回の研修会として、「第1回世界土壌生物オリンピック」において、金、銀、銅を受賞した無農薬、無化学肥料による土づくりで連作可能な安全で健全な作物作りの指導と、三保の松原(東海大学海洋学部構内)等で松枯れ対策に実績のある(株)サンルートの渡邊社長をお招きして講話を行っていただきます。
県内の観光地として有数で、全国的に有名な白衣観音(開眼式から80周年を迎えた)の慈眼院さんの境内の松、桜も危機を迎え対策が求められています。是非多数の参加をお待ちしております。


1.開催日時 平成28年11月17日(木) 13時30分〜16時30分
2.会 場 慈眼院大広間(高崎白衣観音)
〒370ー0864 群馬県高崎市石原町2710ー1
TEL 027ー322ー2269
3.主催 国民を元気にする仲間たちの会
共催 株式会社サンルート
4.テーマ 「無農薬、無化学肥料でつくる農産物つくりと、松枯れを止める土壌づくり」
5.会費 500円(資料代)
6.申込受付 国民を元気にする仲間たちの会
事務局 TEL 080ー5490ー0594 FAX 027ー321ー2503


kawasakiさんは、人間の健康も土壌づくりから始まるとのお考えで、今回の研修会を企画してくださったようです。
私ももちろん参加の予定です。
みなさんもぜひぜひご参加ください。




[PR]

by nobirukko | 2016-10-26 22:14 | 講演会

庭の穴

この家に越して、15年が過ぎたのですが…
目土を入れても入れても、凹んでしまって平らにならない箇所がありまして。

まるでバンカー(笑)
ゴルフの練習にはいいのかもしれないけど、歩いててコケる事もしょっちゅうε-(´∀`; )

d0160351_06282091.jpg

papaが庭に車を乗り入れて、荷重をかけたら…
更に沈んでいきました〜∑(゚Д゚)
ここは元々 材木置き場で土盛りもしてないし、地盤調査もクリアしてるのになぜ?

ちょうど家の近隣が下水道工事中だったので、掘った穴をのぞいてみたら…

d0160351_23363131.jpg

ありゃりゃ〜〜!
スカスカ(笑)

現場監督によると、この辺りは利根川の影響で石が多いため、たまたま石が重なってる場所があると地盤が下がって行く とか!

ではでは、掘って余った土があったら、ここにちょっと入れておいてください
とダメもとでお願いしてみた(笑)

d0160351_23363146.jpg

おおお〜〜‼︎
芝生めくって、土を入れておいてくれた〜〜(о´∀`о)

監督、ありがとうございましたm(__)m

芝生を上に乗せて、何気に元どおり(笑)
来春が、楽しみです(´∀`)


[PR]

by nobirukko | 2016-10-26 06:25 | どうでもいいこと

近所にカビゴン現る!

「カビゴンがいるよ!」ってsouta。
とりあえず二人で外に出る。

じゃ 手分けしよう!
って二手に分かれたが、案の定soutaの行った方で出現したらしい。
もちろん彼は即GET!

合流して出現情報の場所までダッシュしてみた。

d0160351_10071855.jpg


おっと〜〜!
カビゴンだぁ〜〜!
「おりゃ〜〜!くらえ〜〜!」

…気力とは裏腹に、あっという間に消えてしまったよ( ;∀;)
ガックシ

おっといけない、こんな薄着で出て来ちゃったんだ。
お〜〜さむっ
いきなり現実に引き戻されてしまった。


[PR]

by nobirukko | 2016-10-24 22:06 | どうでもいいこと

子どもを叱るという事

普段から仲のいいうちの子どもたちですが、ちょっとぶつかりまして(>人<;)
それぞれの言い分もあるので、とりあえず双方の主張を受け入れます。
ま、どっちの気持ちもわかるし、どっちにも落ち度はあるし。

で、なぜか話題はママの子育てに及び…
(私かいっ!)(笑)
どうやら自分では無意識のうちに、yuiを甘やかしてきてしまったようです(⌒-⌒; )

ご指摘ありがとう!
兄弟がそう感じるんだから、そういうところもあるんだよね。
確かに上の兄弟と離れて産まれたyuiには、今までもみんながいろいろな事を大目に見てきた気がします。

ただね〜
どこから叱るかってラインが難しいと言うか…
確かにyuiの言葉が過ぎるなぁ〜って思う時はあるけど、お年頃だし学校で気を遣ってる分の反動もあると思うしね。
いちいち文句を言う気にはならないのです。

そもそもがそんなに叱るほどの事はしてないと思うし、本当に叱るべき時に叱ればいいと思うしね。

so〜ta曰く
「yui、ママをいくつだと思ってる?叱る、怒るってことは、すごくエネルギーを消耗するんだよ、疲れるんだよ」
って…
オイオイ、そういう事かい?( ̄◇ ̄;)
ま、実際それもある(笑)

そして実のところ、叱ったり怒ったり、苛立ったりするのが苦手です。
それがあまり叱らない理由であったりするのです。
日々をただただ穏やかに過ごしたい…

でもそれじゃダメだね(−_−#)

ひとしきり話した後で、わかった事は
私たちがyuiを大人扱いし過ぎて、いろいろなことをわかってると思い込み過ぎていたってこと。
まだまだ15歳ですからね。
様々なマナーやモラルをもっと教えていかなければいけないと思うし、もっと話す時間触れ合う時間が必要だと思いました。

その後yuiからはきちんと謝罪もありました。
私も反省する事がたくさん見つかりました。
エキサイトすると、時にテーブルをバン!って叩いてしまうのですが(やりますよね?)
その音にso〜taがビビるということもわかり(笑)
今後は気をつけようと思いますm(._.)m


[PR]

by nobirukko | 2016-10-20 21:29 | 子育て情報

まえばしネコフェス

カーサミドリで 昨日もらってきたチラシ。
前橋が生んだ詩人萩原朔太郎は、大のネコ好きだったとか。
その朔太郎にちなんだネコイベントが前橋で開催されるそうです。

d0160351_22482666.jpg


朔太郎のネコの詩が展示されたり、ネコをテーマにしたライブがあったりとかなり楽しそう。
ネコ好きにはたまらないでしょ〜(=^x^=)

d0160351_22482790.jpg


あ!こんなところに!
カーサミドリの看板ネコ、金太だ〜(笑)

可愛いよね〜 金太ヽ(´▽`)/
ただね〜 あんまり一緒に居られない
残念な事に 私、猫アレルギーなんですワ(笑)


[PR]

by nobirukko | 2016-10-17 22:47 | イベント・セミナー情報

東京おもちゃまつり 2日目

東京おもちゃまつり、2日目。
今日も絶好調な晴天!

ここ東京おもちゃ美術館は新宿区四谷に位置し、もともとは四谷小学校だった場所です。
現在は私たちが学んだ東京おもちゃ美術館と地域住民の利用する公民館とで併設されており、「私立」でも「市立」でもない「市民立」というお金と労働力の寄付で成り立っている場所です。

d0160351_22444150.jpg

丸ノ内線の四谷三丁目が最寄り駅。
隣の新宿御苑までは、歩いてすぐです。

2日目はスタッフが多いので、akkoさんと休憩がてら見て回ることに(´∀`*)

d0160351_07524263.jpg

うわっ!
おがくずまみれ(笑)

d0160351_07524244.jpg

「森のがっしょうだん」のブース。
木はひとつひとつ音が違ってて、こうやって木琴の階段にして木のボールを転がすと…
あちこちでコロコロコロコロとても素敵な音色が響いてきます。

音が心地よ過ぎて、しばしここから動けない(笑)

さて 2日目の「TEAM53+」は。
コロコロマラカスのワークショップは材料が足りなくなりほぼ完売で終了し、ミニ絵本 ぽぽちゃんの洋服の売れ行きも順調であっという間の店じまいです。

昨日が運動会だった園や学校も多く、幼稚園関係者や子供の運動会に参加した人たちがくたくたになった身体を引きずって気力だけでお手伝いに来てくれたわけで。
とにかくもう本当に心底ありがたいという気持ちでいっぱいです。

akkoさんとsuzukoさんの現役保育士さんのお疲れ具合は大丈夫だったかなぁ〜(´ω`)
ikeyaさんもmimiさんも運動会参加組。
みんな若いから元気(´∀`=)
2日ともお手伝いいただいたかまちょのsekiお父さんは、スマホデビューのmikawaお母さんと孫の話題で盛り上がり、syuzuiさんの丁寧な仕事ぶりでみんなが安心して他ブースに遊びに行けたという(笑)
いつも通りの「TEAM53+」でした〜ヽ(´▽`)/

昨日は5人、今日は8人。
多くの子どもたちで賑わうこの東京おもちゃまつりを、一緒に楽しみ盛り上げることの出来たこの仲間に心から感謝です(´;ω;`)

[PR]

by nobirukko | 2016-10-16 22:43 | イベント・セミナー情報

東京おもちゃまつり 1日目

今年もやって来ました〜\( ˆoˆ )/
東京おもちゃまつりです。

私たち53期卒業の「TEAM53+」は今年も元気に出店。
コロコロマラカス作りのワークショップと、ミニ絵本、鳥笛、ぽぽちゃんの洋服の販売です( ^∀^)

d0160351_07171386.jpg


d0160351_22472100.jpg

今年も同じスタジオでの出店だったため、出入り口が一箇所で熱がこもります。
子どもたちの熱気もすごい(笑)
今年は、お兄ちゃんお姉ちゃんに付き合って、赤ちゃん連れが多い気がします。
背中やお腹にくっついてる赤ちゃんが可愛くて可愛くて…一日中ニヤケ顔が止まらない私(笑)

ワークショップも商品も、順調な売れ行きで1日目を終了しました〜〜。

TEAM53+、初日メンバー
久しぶりにお会いできたtubataさんはちょっとスリムになって元気そうだったし、重鎮のsekiお父さまとenndouお母さまは相変わらず明るくパワフルだった(*´ω`*)
1年ぶりに会ったmaiちゃんは結婚も秒読みの幸せオーラ全開で、とっても綺麗になっていた〜。
みんなの顔が見られたのが嬉しくて、また明日も頑張れる╰(*´︶`*)╯♡


[PR]

by nobirukko | 2016-10-15 21:33 | イベント・セミナー情報

碓氷川熱帯植物園

やっちゃんの個展を堪能したあとで、隣の植物園に寄ってみました。

d0160351_07475892.jpg

おっと!こんなところにウツドンがいっぱい(笑)

d0160351_07475976.jpg

PPAPだぁ〜〜(笑)
パイナップルって、こんな風になるんだ〜〜(*⁰▿⁰*)

綺麗に手入れの行き届いた植物園でした。
入場も無料です。

ぜひお出かけ下さい♪( ´▽`)

[PR]

by nobirukko | 2016-10-11 21:47 | おでかけ

自転車に乗りたい!

どうやらbuchiが自転車を買ったらしい。
しかもネットで。
さらに自分で組み立てたって!
なんか、ハンドルがグラグラするってよ〜。
ネジ 余ってない?(笑)

そんなbuchiがうちのpapaさんとどっか行きたいって言うから伝えたら。

朝からpapaさんはライン送ってたよ。
「buchi、日光へ行くぞ!」って(笑)

なぜ日光かと言うと、buchiを始めpapaたち同級生数人で、かつて日光まで自転車で行ったらしいです。
中学校を卒業してすぐ。

それがこの写真。
今は亡きkikumannも居るヽ(´ー`)



で…夜勤明けで寝てたのか
buchiからpapaさんに返事が来たのは午後だった。

「今 どこ?」
「いろは坂」(嘘ばっか〜(笑))

焦ったbuchiったら、サイクリングロードを前橋に向かったようです(おいおい、騙されるなぁ〜)
あ〜あ、県庁の写メが送られて来た。

やっちゃったね〜
午後から北風すごいよ〜!
自転車で吹きさらしのサイクリングロードの北上は、半端なくきついと思うけどね〜(´-`).。oO

ま buchiのやる気が垣間見えただけでも、今日は良かったか(笑)

d0160351_09501363.jpg

子どもの自転車につけてたベル発見!
私の自転車を手入れしたら、これつけよ!(笑)

[PR]

by nobirukko | 2016-10-09 22:38 | おでかけ

内田康子 作品展

まついだ森の家で何度かお会いしてる 内田康子さん。
みんながやっちゃんと呼ぶ彼女はいつも明るく一生懸命な人です。
麻痺があるため思うように動かない身体を駆使して、いつもとてもとても頑張って言葉を伝えてくれるやっちゃん。
その言葉の一言一言は丁寧で美しく、思いやりに溢れています。

やっちゃんが自分の思いを言葉だけでなく、こんな風に絵にしていたとは知りませんでした。

やっちゃんの「内田康子 作品展」が10月1日〜15日の間開かれるという事で、珍しく(失礼!)家に居るpapaさんと一緒出かける事にしました。


入り口で出迎えてくれたのは、招待のハガキに印刷されていた綺麗な風景画。
私の大好きなカラーリング、空の青と雲の白と樹木の緑が美しい1枚の絵です。
タイトルは「雲と遊ぶ」

d0160351_23552341.jpg


伝えたいのは感謝の気持ち
私が生きていることに
たくさんの方が関わっていてくれること。
そんな方々が私を動かしてくれました。
障害という、あまりありがたくないことも
大変だけど、そう悪い事でもないかと思う最近。
それは、あなたに会えたから。
内田康子

この素敵な絵とともに、ハガキに書かれていたやっちゃんの言葉です。

d0160351_23552401.jpg

papaがとても気に入ったカエルの絵。

d0160351_23552433.jpg


d0160351_23552688.jpg

私はやっちゃんの描く風景画に魅了されました。
クレパスで描いているそうですが、こんなに微妙な色がたくさん描ける事にも感動しましたが、何より自由にならない両腕をコントロールしながらこれだけの大作を仕上げる彼女の集中力、描く事にかける想いに圧倒されました。

やっちゃん、2回目の個展も期待してますよ〜♪(´ε` )

[PR]

by nobirukko | 2016-10-09 22:09 | 絵本・本・原画展