「ほっ」と。キャンペーン

のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
串揚げ ふさお
at 2017-01-16 23:47
苗場であわや遭難( ̄◇ ̄;)
at 2017-01-14 23:10
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


我が家の気温と湿度

美容院「星の王子さま」にて、yo〜sukeさんが「家を建てたい」って言うので、カットの間中、長々と家の話をしていました。

この家を建てたのがyuiが産まれた年で、もう15年になるのですが、住んでいて実感するのはデザインより機能性。

冬真っ只中の今は、いかに暖かくて湿度を保っているかが家の最大の特徴だと思うのです。

で、「ウチは外断熱の高断熱・高気密住宅だから、特に暖かくもないけど寒くもない。こういう造りなら、安心して爬虫類飼えるよ〜」なんて、トカゲ好きのyo〜sukeさんに提案(笑)

家に戻って早速気温と湿度をチェックしてみました。

d0160351_16512260.jpg

脱衣所、ダイニング、リビングの中間地点にある電波時計はドアの上にあるため、21℃と若干高い気温。

d0160351_16512395.jpg

リビング東の窓の温度は18℃くらい。
ペアガラスでも、外気の影響を受けてます。

d0160351_16512348.jpg

キッチン脇は湿度が高めに出ています。

冬の間は、どこも概ね20℃前後で、それは朝晩関係なく一日中大きな変化はありません。
昼間のリビングは陽が射すととても暖かいため、レースのカーテンも全開にして陽射しを取り込みます。

yuiが小さな頃、暖かなリビングで遊んだり昼寝したりした日々が懐かしいなぁ〜(笑)
今では、昼間からリビングで過ごすなんて時間は滅多にありませんから(笑)

実は当初、在来工法で工務店に依頼する予定の家でした。
私の書いた間取り図を元に、お世話になってる設計士さんが立面図を起こし、工務店からの見積もりも出ていました。

そもそもが、それまで住んでいた家より少しはマシならいいだろう程度の発案だったんですよね。
前の家は夏暖かく、冬涼しい家でしたから(笑)

すべてのことにとてもこだわりのある方が、「家を建てるなら、土屋ホームの展示場に絶対行ってきてごらん」と言うものですから。
その方が言うならとりあえず行くだけ行ってみようというのがきっかけです。

おかげで思いがけず、夏涼しく冬暖かい家に住めることとなりました。
ってこれじゃ住宅メーカーのまわし者のようだね〜(笑)









[PR]

by nobirukko | 2017-02-17 16:50 | どうでもいいこと

ころむすのお弁当

出たついでに、久しぶりに「いいとこ」へ行くことにしました。
今日はヨガの日だそう( ´ ▽ ` )ノ

その前に腹ごしらえ(笑)
通り道の「ころむす」でおにぎりとヒレカツのランチです。
と言っても移動中の車内で食べるんだけどね(笑)

d0160351_16514080.jpg


今日の具は、高菜と梅にしました。
ふかふかに握ってあって、本当に美味しい(^ω^)

おかげでいいとこヨガではお腹も鳴らずに済みました(笑)

[PR]

by nobirukko | 2017-02-16 21:51 |

手話で思いが伝わるまちに

群馬県の手話言語条例が策定され、ここ渋川市でも「渋川市手話言語条例」が4月1日から施行されることとなりました。

この条例の目的は、「手話は言語である」という認識に基づいて、手話の理解と普及を目指すものです。

そのため、市民や小・中学生を対象にした手話講習会の開催なども増えるとのことです。

d0160351_16485775.jpg

広報には友達の顔もちらほら!
嬉しそうな笑顔に、こっちも嬉しくなる( ´ ▽ ` )ノ

なので、私からもみなさんにお願いがあります。
手話は覚えることより使うことの方が大事だと思うのです。
どうか覚えたらどんどん使ってみてください。

きちんとした講習も受けていない私ですが、20年つたない手話でろうあ者と会話をしています。

そこで感じる事は、彼女たちは決して上手な手話で正しく伝え合うことだけを望んでいるわけではないのです。

手で、指で、表情で
下手なりに会話をしようという私の気持ちを喜んでくれてるのです。

もちろん上手に越した事はありません。
ただ、手話を習っているだけで使わない人も多くいる事がわかり、それではなんのために習っているのか?と最近著しく疑問を感じるからです。

あ〜、誰か手話通訳のボランティアをやってくれないかな〜
あ、これは別件の音楽祭の愚痴ですワ(笑)



[PR]

by nobirukko | 2017-02-02 16:48 | 障がい者支援