「ほっ」と。キャンペーン

のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
味噌作りワークショップ
at 2017-02-18 23:51
我が家の気温と湿度
at 2017-02-17 16:50
ころむすのお弁当
at 2017-02-16 21:51
手話で思いが伝わるまちに
at 2017-02-02 16:48
串揚げ ふさお
at 2017-01-16 23:47
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:森 ( 57 ) タグの人気記事


宮下正次顧問 多大の功績を残し逝く

先日は思いもかけず立ち会ってしまった宮下先生のご遺体ですが、お線香をあげさせていただきお聞きした先生の生き様にとても感銘を受けました。

まさに見習いたいと思う先人のお一人となりました。

熊森協会群馬支部長のkawasakiさんが宮下先生を惜しみ、通信に載せた文章は先生の功績の素晴らしさを物語っています。
許可を頂きましたので、こちらに転記して広く皆さんに知っていただきたいと思います。

d0160351_09360024.jpg


財団法人日本熊森協会宮下正次顧問が平成28年11月17日夜、現世に多くの輝かしい実績を残し、奥様や家族の皆さんに見守られながらこの世を去ってしまいました。顧問は群馬県月夜野町(現みなかみ町)に生まれ育ち、幼少の頃より魔の山と言われる谷川岳、モリアオガエルの棲む大峰山を歩き山の素晴らしさに魅せられ、関東森林管理局の職員となってからは、世界的な登山家として1972年にはマッターホルン北壁を、73年にはヒマラヤのシャカルペーを世界初登頂、そしてロシアのアルタイ・デネロ北壁は世界初登挙等多くの実績を残しました。顧問は現役中の1987年に「森林(やま)の会」を設立し、事務局長(現代表)として奥日光の森林衰退調査を皮切りに、ドイツ、チェコでも森林衰退調査を行い、その結果を「大空中鬼(酸性雨)展」として群馬や首都圏各地で巡回展示を行い、酸性雨の恐怖を訴え続けました。2001年には前橋市営敷島公園の松枯れを「炭」を使う事で蘇らせることに成功し、「森林(やま)の会」では多くの会員に対し、毎年毎年定期的に山の素晴らしさ、自然の偉大さ、炭の力等を独特の冗談を交えて教えていただきました。
当協会顧問には2008年に会長の要請により就任して頂きました。就任後は東京シンポジウムや奥山学会、各地の支部等で「炭による松枯れ対策」の御講演と実践指導をして頂きました。その実践は群馬県支部、京都府支部、岐阜県支部の皆さんが引き継いで頂いております。09年以後は佐渡市でナラ枯れ・松枯れ対策を、012年からは毎年世界で一番幸せの国ブータンの森林調査と炭撒きを実施し王様に提言を行い、016年には同国の農林大臣に会見し王様からの感謝状を受領致しました。
宮下顧問はメモ魔で、常に小型ノートを携帯し、会員等の意見を一言一句メモし、その意見を大切に保管し、活動の「宝」にして頂きました。顧問の著書は数多く、「ブナの放流」、「写真ドキュメント・立が枯れる山」、「消える森・蘇る森」、「炭は地球を救う」、「炭はいのちも救う」を著し、最近ではご自宅を各種の名木を使い新築し「こうすれば出来る100年住宅」をも発刊いたしております。素晴らしい住宅で、顧問の魂が宿っています。是非上州群馬にお出掛けの節は、奥様のみどりさんが守る100年住宅を見学してください。
宮下顧問は炭の力を信じ全国を行脚すると共に、炭で有機農業をも行う等、多くの足跡と多大な功績を残して頂きました。顧問は「マツ枯れナラ枯れに対する原因が虫であるとの国の政策に対し、松やナラが健康であれば虫は木の中に入れないのだ、原因は酸性雨で木が弱っているからだ。虫は最後だ」と常々話しておりました。くまもり通信86号の8pの「ミズナラの大量消滅の原因はカシノナガキクイムシによるもの」とした記述には、俺は何のために顧問をやってきたのかと、心から怒り残念がっていたのが昨日のように目に浮かびます。顧問からはまだまだ多くのご指導頂かなければならない事柄がありましたが、若干72歳のお別れは誠に早すぎ残念で、残念でなりません。
最後に炭の力を信じ、私たちに残してくれた言葉を記憶に留めたいと思います。
炭の力は「炭には置けない」、
弱った森に炭を撒き、その森に問うと「隅々まで炭やすくなりました」
宮下正次顧問、この世で昼夜を問わずのご活躍、真にご苦労様でした。ゆっくりお休みください。
合掌

[PR]

by nobirukko | 2016-12-13 21:34 | 林業・森の再生

宮下正次先生 ご逝去

熊森協会の森山会長が、熊森協会顧問の宮下先生のお見舞いにいらっしゃるとのことで。
その後でみなさんで情報交換しましょうとkawasakiさんからお誘いいただいてまして、待ち合わせ場所のファミレスに向かっていたところ電話が・・・

「先生、いなくなっちゃったよ(;_;)」
「え?どういうことですか?」

ご自宅に戻られていた宮下先生を訪ねたところ、玄関に忌中の紙があったと言う事で、情報交換会は急遽宮下先生のお宅へのお線香あげに変更。
私はファミレスにmichiさんを迎えに行き、kurosawaさんと3人で宮下先生のご自宅へ伺いました。

先生がご自身で木を切り倒して作ったと言うご立派な邸宅を初めて見て、それだけでもかなりの興奮だったのですが。
外壁も全て竹を編んだものに土壁を塗っていて、昔からの工法で作られているかなり稀有な建物である事に驚きました。
今ではもうこうやって家を建てられる方はいないでしょうとmichiさんもおっしゃってました。

宮下先生の功績については、私が言うまでもなく多くの方が色々と書かれているとは思いますが、ただただスゴイ人という印象です。
初めて講演を聞いた時の白熱した語り口とハチミツを混ぜた炭を食べさせていただいた衝撃は忘れられません。

はつらつとされていた先生が、帰らぬ人として横たわっている姿がどうもしっくりいかないのは私だけではないでしょうね。
成り行きでここに来てしまいましたが、先生にお線香をあげさせていただき手をあわせる事が出来た偶然に感謝の気持ちでいっぱいです。

宮下先生、群馬のそして日本の環境のためにご尽力いただいた事、本当にありがとうございました。
そして心より御冥福をお祈りいたします。

[PR]

by nobirukko | 2016-11-18 23:15 | 林業・森の再生

国民を元気にする仲間たちの会

常々尊敬している熊森協会群馬支部長のkawasakiさんが、満を持して「国民を元気にする仲間たちの会」を発足したのが10月16日。

私は東京おもちゃまつりにぶつかり参加することができなかったのですが、盛況に終わった総会の興奮も冷めやらぬまま、次なる研修会に向けて発進するその行動力にはあっぱれという他ありません♪( ´▽`)

d0160351_07181821.jpg

「無農薬、無化学肥料で作る農産物づくりと、松枯れを止める土壌づくり」という研修会が開かれます。

以下、案内文を転載。
農薬、化学肥料が人体に及ぼす影響を多くの学者、研究者によって指摘されてきました。現在、様々な生活習慣病やあ、増加の一途を辿る発達障害等も、5000万種に及ぶ化学物質等が大きく関わっていると言われています。
私たちのこの「会」は原因を見極め、対策を検討し実行する事を目的として設立しました。
この度は第1回の研修会として、「第1回世界土壌生物オリンピック」において、金、銀、銅を受賞した無農薬、無化学肥料による土づくりで連作可能な安全で健全な作物作りの指導と、三保の松原(東海大学海洋学部構内)等で松枯れ対策に実績のある(株)サンルートの渡邊社長をお招きして講話を行っていただきます。
県内の観光地として有数で、全国的に有名な白衣観音(開眼式から80周年を迎えた)の慈眼院さんの境内の松、桜も危機を迎え対策が求められています。是非多数の参加をお待ちしております。


1.開催日時 平成28年11月17日(木) 13時30分〜16時30分
2.会 場 慈眼院大広間(高崎白衣観音)
〒370ー0864 群馬県高崎市石原町2710ー1
TEL 027ー322ー2269
3.主催 国民を元気にする仲間たちの会
共催 株式会社サンルート
4.テーマ 「無農薬、無化学肥料でつくる農産物つくりと、松枯れを止める土壌づくり」
5.会費 500円(資料代)
6.申込受付 国民を元気にする仲間たちの会
事務局 TEL 080ー5490ー0594 FAX 027ー321ー2503


kawasakiさんは、人間の健康も土壌づくりから始まるとのお考えで、今回の研修会を企画してくださったようです。
私ももちろん参加の予定です。
みなさんもぜひぜひご参加ください。




[PR]

by nobirukko | 2016-10-26 22:14 | 講演会

観音山の自然


高崎観音山の自然観察会の展示をくまもり協会の川㟢さんが1人でされるということだったので、ちょっとお手伝いに行って来ました。
場所は高崎シティーギャラリーです。

d0160351_10233089.jpg
これは ミチさんが保管していた、いろんな手拭い。
昔はこれを名刺代りに配って居たそうで、ミチさんのご主人〔とある大学の名誉教授であられますが〕の行動範囲の広さ!?(笑)がうかがえます。
今でいうところのクラブのママさん的な?そういう方からの名入の手拭いを、ほらほら見てご覧と笑いっぱなしのミチさん。
太っ腹だワ(^o^)/


d0160351_10233172.jpg
こちらの展示はくまもり協会群馬支部のブースとして、川㟢さんが説明をされていました。
1人でも多くの人たちに、山の荒廃している様子を伝えたいという気持が伝わって来る展示でした。



[PR]

by nobirukko | 2014-05-22 05:44 | 環境・クリーン大作戦

群馬県における森林・野生鳥獣保護のあり方を考える

d0160351_11301614.jpg
群馬大学の社会情報学部での講演会のお知らせです。
仕掛け人なもんで(笑)
非常に楽しみにしています。
どなたでも参加できますので、是非お出かけください。



[PR]

by nobirukko | 2014-01-12 11:28 | 林業・森の再生

ドングリ確認

約束通り山へ。
赤城山に向かう道路はすでに雪です。

いつものドングリを置く場所にはやはり野生動物の来た気配はなく、前回クマが食べた跡のあったほこらの方まで、山道を進みます。

d0160351_23112032.jpg

ドングリ確認。
雪の下で冷蔵保存されてる様子(笑)

来年の雪解けに、ちょうど良くクマの食料となればいいねぇ〜。
sinobuちゃんと二人、祈るばかりです。



[PR]

by nobirukko | 2013-12-25 02:51 | 林業・森の再生

狩猟期間のどんぐりまき

狩猟期間に入りましたが、集めたどんぐりを置いて来る事にしました( ´ ▽ ` )ノ
sinobuちゃんとrieちゃんと、今日は3人です(^ν^)

去年食べた跡があった箇所、今年は手付かずです。
どうしたんだろ?
この辺りをテリトリーとする熊さん、居なくなっちゃった??

今年は既に80頭の熊が捕殺されてる群馬県の熊事情です。
ここの熊も・・・?
なんとも嫌な気持ちです。

もう一箇所も確認すると・・・
d0160351_639120.jpg

!!食べた??
もっとわかりやすいように、新しいどんぐりのうえに乗せてみました。

d0160351_639725.jpg

こんな感じで綺麗に食べた様子、わかります??

d0160351_6391716.jpg

この辺りを中心に、どんぐりを置くことに。

次回は24日に。
熊さんたちへのクリスマスプレゼントです。
リボンかけていこうかな〜(笑)
[PR]

by nobirukko | 2013-12-09 22:27 | 林業・森の再生

どんぐり拾い&撒き 始まりました~!

群馬大学の駐車場に、今年もどんぐりを拾いに行きました。
仕事の都合をつけてくれた、sinobuちゃんとrieちゃんと3人でひたすら拾います。

首から名札を下げた、多分事務関係のお兄さん二人。
「何やってるんですか~?」
「あ!どんぐり拾ってるんですけど、構いませんか~?」
「いいですよ~。全然大丈夫です。っで、どんぐりどうするんですか~?」
「熊のエサにするんですぅ~」
「へぇ~、熊飼ってるんですか~?」
「・・・い、いやいや、山に届けるんですよ」
「へぇ~、じゃあ!」

d0160351_11101335.jpg

3人で1時間半くらいでしょうか、どんぐりを拾いまくりました。
腰、痛っ((+_+))

d0160351_11101469.jpg

いつもの場所までどんぐりを置きに行きます。
ちりんちりん鈴を鳴らして、私達ここにいますからねぇ~と熊さんにアピール。

今年は木の実が豊作と聞いていましたが、どんぐりも栗も去年は全く落ちてなかったのに、あちこちで見かけて一安心です。
人間の数倍も臆病な熊。
山に食べ物が無いので、意を決して里に下りてくるんでしょうね。
今年は捕獲される熊の数も減るかな~?
群馬の場合、捕獲 = 捕殺 という厳しい現実がありますから(T_T)
とにかく餌を運びますから、この近辺から里に下りないでね~と願うばかりm(__)m

今年もどんぐり拾ってます。
みなさんのご協力を宜しくお願い致します!!
m(__)mm(__)m

【のびるっこ連絡先】 090-2317-0262
            shisoyui@rapid.ocn.ne.jp
[PR]

by nobirukko | 2013-10-21 22:43 | 林業・森の再生

関根公園で炭まき

前橋の関根公園で炭まきです。
d0160351_9194616.jpg

公園は私の家から近い場所でした。
松の木が全体的に元気がない様子がわかります。
木の周りに穴を掘ります。

d0160351_9194636.jpg

いつもは、くまもり協会群馬支部で皆さんが焼いている竹炭を撒くのですが、今回はこの南牧村で焼かれた炭を撒きます。

d0160351_9194756.jpg

地元の大学生たちがお手伝いしてくれます。
川㟢さんの話を真剣に聴く若者たち。
力仕事も多いので、若い人の力は本当にありがたいm(_ _)m

d0160351_9194858.jpg

さっき掘った穴に、炭を撒いていきます。

d0160351_9194813.jpg

木酢液を300倍に薄めて炭の上にかけていきます。
木酢液自体はPHは3なのですが、泥の中の有効菌を元気にしてくれる作用があるため、土壌自体を元気にしてくれる効果が期待出来るということだそうです。

地域の住民の力で整備されてきた、まさに住民のための公園。
松の木が元気になってくれる日が楽しみです( ´ ▽ ` )ノ
[PR]

by nobirukko | 2013-07-13 22:44 | 林業・森の再生

「保育の心」ファミサポ研修

渋川ファミリーサポートセンター主催の24時間研修です。
今回は2講座の参加ですが、出るからにはしっかり勉強。

講師は元保育士の佐野厚子さん。
「保育の心」ということでお話をいただきました。

さて、突然ですが
「親の仕事」って何だと思います??

答え 「着せて」「食べさせて」「寝かせる」ことだそうです!!
非常にシンプルで当たり前のことなのですが、当たり前のことこそ真理です。
基本的な生活習慣が確立出来るよう、親がこの三つを毎日繰り返せばいいだけなんですね〜!

「子どもは球根」みたいだそうですよ。
どんな種類なのか、何色でいつ咲くのか、なんの花かもわかりません。
標準なんて子育てにはないのだから、早咲きの花、遅咲きの花。
いろいろな花があるということを踏まえて、他と比べない子育てを推奨されてました。

「あなたの口癖は?」
子どもは素直で真面目。そしてママのことが大好き。
子どもは小さくても別人格です。
小さな子どもほど、親に依存して生きています。
言葉かけは、なって欲しいように言葉をかけましょう。

ここでダウジングをやったのですが・・・
5円玉の付いた紐を渡され、みんなでダウジングをやります。
むか〜し、コックリさんってやったーかも〜(;゜0゜)
あれだ、あれだ!
で、面白いように縦に横に、そしてぐるぐる回る回る〜!!
恐っ!!

ここでもコミュニケーションの話題。
子育ての情報って、ネットで検索したんじゃ身にならない。
人との関わりで得ることの大切さは、最近のキーワードです。

乳幼児期は
人としての基礎を培う時期であり
やり直しの出来ない時期であり
記憶のない時期でもあるそう!
記憶がないならなおさら、違う刷り込み、いい刷り込みをするのに、絶好の機会とも言える訳です。

で、研修で出題された某有名幼稚園のお受験問題の一部。
ぜひ解いてみてください。
答えは後日

⑴ ○の中に漢字を一字入れてください。
親 人 中 ○ 小

⑵ ○の中にアルファベットを一字入れてください。
S M T W ○ F S

⑶ ○の中に漢字を一字入れてください。
北 本 ○ 九

⑷ ○の中に漢字を一字入れてください。
小 中 ○ 大

⑸ ○の中に大、小どちらかの字を入れてください。
大 小 大 小 大 小 大 ○ 小 大 小 大


講座の最初と最後に、四角の中に小さな丸があり、自分でひとつ丸を書き込むというワークがあったのですが。
私は前後ともに四角の中いっぱいの大きな丸を描きました。
丸の大きさ、大きいほど前向き(笑)
「ちょ〜、前向き!!」って、みなさんにも先生にも褒められました(^ω^)

ホント、自分でもそお思う〜(^◇^)
[PR]

by nobirukko | 2013-05-28 22:20 | 子育て情報