のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
とっておきの音楽祭の事を書く理由
at 2018-02-05 21:00
絵本セラピー
at 2018-02-02 21:41
雪だるま
at 2018-01-23 22:59
極寒の高尾山
at 2018-01-13 23:05
今年は深川七福神
at 2018-01-01 18:25
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:舞台・音楽 ( 101 ) タグの人気記事


とっておきの音楽祭の事を書く理由

安中のとっておきの音楽祭で起こったことに関しては、いつかは書かなければいけないと思ってきました。

主催者側の事情で演奏を止められた出演グループが、被害者であるにもかかわらず悪質クレーマー扱いされている事実を、放っておくことはやはり出来ません。
のびるっこに関わる子どもたちに、そんな大人を見せたくありません。

改めて当時の資料、メモ、メールやラインのやり取りを見直し、また関係者にも事実確認をしながら記事を書いています。
そのため今後も増えたり減ったり、修正箇所は出てくると思います。
が、とにかく書き始めました。

のびるっこは、子育てを語る上でいじめの首謀者を見過ごす事はしたくないし、その傍観者にもなる気もありません。
だからと言って関係者の中の首謀者と傍観者を責めるつもりはありませんし、今更責任の所在を明らかにしようとは思いません。

ただ、事実を事実としてありのまま残しておく必要があると感じています。
それが傷つけられてしまった出演者やスタッフの正義を貫くことであり、せめてもの償いと思うからです。

付随する記事の多く、それは次のイベントに繋げたいと思う参考箇所でもありますが、あまりにも程度の低い内容である事はご容赦ください。


尚、今までののびるっこのゆるいブログだけを見たい方は、とっておきの音楽祭の記事は飛ばしてくださいね。



[PR]

by nobirukko | 2018-02-05 21:00 | とっておきの音楽祭

とっておきの音楽祭in町田に参加

「とっておきの音楽祭inまちだ」に出演してきました〜♪( ´▽`)

去年ここに来た時、芝ヒロのメインステージの反対側にこじんまりしたステージがあって。
あそこにドラムがあったから、バンドはあそこでできるんじゃない?
きっと気持ちいいよ♪( ´▽`)
なんて勝手に思い描いていた私たち。

ライブの動画を添えてエントリーしてもらったら、お盆に「選考通過」の連絡が入りました〜♪(´ε` )やったね〜

でも会場を聞いてびっくり!
屋外で気持ち良く演奏をって思ったら、なんと屋内、しかも地下(笑)
会場は「まほろ座」と言うライブハウスでした。

なのでちょっとした緊張感で、今までまともにスタジオに入った事のない我ら“ふるちゅ〜80っす。”が、今回は2度もスタジオ練習してしまった(笑)

そして本番当日、あいにくの雨だったけど心は晴れやか( ´ ▽ ` )ノ

地元からの仲間と、ちょうど東京に居た恩師、メンバーの別バンドの仲間、私の従姉妹とその息子のsyougo君が応援に駆けつけてくれました。

まるでキャバレーのような照明とミラーボールの中、ドライアイスまで出てきちゃってこれはこれで気持ちいい〜(笑)
d0160351_19150424.jpg
画像だけ見ると、とっても上手そう(笑)
古巻中学校を1980年に卒業した同級生バンド“ふるちゅ〜80っす。”は、まだまだ成長段階です。
皆さんの優しい耳と優しい心が頼りです(笑)

ステージに降りた途端、「せっちゃ〜ん!僕きたよ〜( ´ ▽ ` )ノ」と満面の笑みで手を振るsyougoくん。
可愛い♫
彼は知的障害があります。
「せっちゃ〜ん!頑張ってね〜!!」
何度も何度も声援を送ってくれる。
とっておきの音楽祭ならではの光景に目頭が熱くなる(T ^ T)

演奏の後でしばらく飲みながら、他のバンドの演奏を楽しみ、みんなで昼間から空いてる居酒屋で祝杯をあげました。
総勢11人での酒盛りは超楽しい(#^.^#)

フィナーレに参加、オハイエを一緒に踊りながら町田の夜を堪能しました。

安中での音楽祭で、スタッフでありながら出演者でもあったことで、充分な仕事ができなかった部分も感じていました。
単純に出演者として楽しみたい‼︎
そんな気持ちでエントリーを決めた経緯があります。

80っす。の歴史では、間違いなく転換期となった今回のライブ。
いつまでもきっと忘れないキラッキラの思い出です。

[PR]

by nobirukko | 2017-10-15 23:48 | とっておきの音楽祭

なかなか出てこなかった会計報告

音楽祭も終わって、かなりの時間が経ったのですが、会計報告が出ていません。

協力をお願いした方には、今まで必ず会計報告も提示してきましたので、会計担当のhiroeちゃんにお願いしました。

「反省会に参加した人には、紙媒体で渡しました。」と言うので、参加しない人のためにライングループに貼り付けて欲しいと依頼しました。

今後実行委員として残るかどうかは別として、少なくとも今回の音楽祭には関わった訳ですから、共有する事は当然だと思ったのですが…

なかなかもらえない(−_−;)

催促してみるのですが、忙しいとの返答ばかりで一向に送ってくれません(−_−;)

フェイスブックにはしょっちゅうアップしてると聞きますが、忙しいらしい(−_−;)

もう一度催促。
も〜!見せられない理由があるの?
写メでいいからと送ってとお願いしたのがこの会計報告です。

d0160351_21422417.jpg

…見せられない理由が見えてきました(−_−;)

[PR]

by nobirukko | 2017-07-21 21:09 | とっておきの音楽祭

会議を眺めていた子供

papaの出張が多く、子供1人を家に残して出かけることは出来ないため、yuiは何度も何度も会議に連れていかれてました。

中学生の彼女は床や会議テーブルを机にして、何度テスト勉強や課題を仕上げていたかしれません。
時にはウォークマンで音楽を聴きながら、時にはスマホで遊びながら、よく付き合ってくれていたとありがたく思っています。

1回目の音楽祭に向けての会議の頃は、担任の先生と実行委員長のやり方が被っていて、「大人って本当に自分勝手!」と怒りをあらわにしていました。

この頃の私は、より良い音楽祭を作り上げたくて会議では色々と意見を言っていました。

ある時、広場に設ける第3のステージをどういう向きにしたらいいか議論している時、私の案を数人が賛成と言ってくれたにも関わらず、実行委員長がなかなか納得しないのを見かねて
「なんで?みんなこれで良いって言ってるのに。ママの案は反対?」
と落書きを見せてきました。

そうなのかもしれないね、私の案にただ反論したいだけなのかもね…(−_−;)

yuiの目には、みんなの意見を一通り聞いた上で、「でもね、先生はこう思うからこうしようね」って最初から自分の思い通りにしてしまう当時の担任の先生と完全にダブってしまってしまっていました。

「自分でやりたいようにしたいなら、会議なんていらないじゃん、自分で決めて1人でやれば良いじゃん!」

もっともです。
中学生のあなたが感じる事、私もずっと感じてますよ。

みんなで決めようと立ち上げた実行委員会で、何度も同じ場面に遭遇しました。
「kayoちゃんが決めた事にみんなを従わせる風な実行委員会になってるよ」というメッセージを何度も実行委員長には伝えてきました。

思いが届かなかったのは私の力不足としか言いようがないのですが、結果的には会議の場を良く変える事は出来ませんでした。

ただ、どんな問題が起きても見て見ぬ振りをするのではなく、逃げずに、より良い解決に向けて頑張る大人の姿を見せてこれたと自負しています。

yuiにとって、恥ずかしい親でなかった事だけは満足しています。

[PR]

by nobirukko | 2017-05-25 23:37 | とっておきの音楽祭

とっておきの名前を外す提案

実はずっと前から仲間内では言ってたことなんですけど…

思い切って「とっておきの音楽祭」という名前を返してしまったらいかがなものでしょう。

とっておきの音楽祭はあくまでもストリートであることが原点です。
会館でなくストリートで演奏することで、より一般の福祉に興味のない人に立ち止まってもらえる、関心を持ってもらえる。
それがドキュメンタリー映画「オハイエ」でも訴えたかったことではないでしょうか。

会館でしか開催できないのだとしたら、潔く以前の「一日中音楽祭」に戻せば、自分たちのコンセプトだけでなんの縛りもなく続けられるのではないかと思うんですよね。

そう思ってる人、たくさんいるとおもいます。

[PR]

by nobirukko | 2017-05-19 19:34 | とっておきの音楽祭

近隣住民からのクレーム電話について

では、どうして近隣からクレームの電話が殺到したのでしょう?

oさんが言う、「近隣住民への説明が不充分であったのではないか?」という部分です。

時系列で追うと
近隣住民への説明については、前年の11月の会議でのレジュメに「ハードルの1つ」というメモ書きがあります。

これはかつてこの会館での音楽系のイベントが直前でトラブルになり、開催にあたって近隣住民から同意書をもらって提出するよう会館から要請されていたというものです。

それ以来この会館の屋外ステージは使えなくなったとか…

これは会場をここに決定した時から出ていた議事の1つです。

その後、近隣の一軒ずつに挨拶に行くと言う事になっていたのですが、ある時「自治会長が回覧板で回してくれる事になった」と事務局からの報告がありました。

単純にびっくりしたのを覚えています。
自治体によってはそれで通じてしまうんだ〜
少なくとも私の住んでいるあたりは、この状況を1度の回覧板は済まされないだろうな〜
ところ違えばって事かな と。

結局その安易な判断が仇となってしまったわけです。
商業地でなく住宅街での音楽のイベントであるわけですから、もう少し慎重であるべきでした。
私たちも事務局の判断に対し、挨拶回りをきちんとしたほうがいいと、もっと強く主張するべきだったと今は思います。

あの近くに住む知り合いは、「その回覧板すら見た覚えがないし、ちょっと見たくらいでは近隣へのお願いにはならない」と言ってましたが、本当にその通りで、住んでいる方々にとっては迷惑他なりません。

当日の50件からあったクレーム電話の中には、「子供が引きつけを起こした」「医療関係に従事する家族が夜勤明けで帰ったのに、昼間うるさくて眠れなかった。そのまま仕事に行って心配だ」というものまであり、責任の大きさを痛感させられます。

会館の方からは事前に、「音量について近隣からクレームがあった際は、下げてもらいます」と注意勧告があったそうです。
事務局は知っていたのかもしれませんが、あろう事かステージ担当責任者ですらその事を聞かされていませんでしたΣ(゚д゚lll)

事前にわかっていれば、出演者ミーティングでもお伝えできましたし、出演者に配った注意書きに、「都合により音量を下げさせていただくこともあるかもしれませんが、ご理解とご協力をお願いします」と謳えたはずです。

なぜその約束事が隠蔽されてしまったのか、今となっては知る由もありませんが。

また、会館の方のお話では、「屋外ステージを使うという事は当日まで知らされていなかった。」と言う衝撃の事実でした。
会館との交渉は、事務局が担当されていたのではないでしょうか?

クレームの電話は3時くらいから始まったそうですが、それは近隣の我慢の限界だったと思われると言ってました。

後半のステージはバンドも多く、ドラム、エレキギターなどの他に和太鼓の演奏もあったため、響いてしまったのではないかと思われます。

そして勘違いしてはいけないのは、

どの出演者の音が大きくてクレーム電話に繋がったなんて、誰にもわからないということです。
oさんのバンドはたまたまその時に演奏していただけで、その前からの蓄積であったりするわけです。
oさんたちは、ただタイミングが悪かっただけなのです。
そう言う意味ではoさん達は被害者であるのは明白です。
被害者である上に、事務局からの悪質クレーマー扱いに対して憤りを感じざるを得ません。

そして繰り返しになりますが、出演者の演奏を途中で止めさせるなんていうことはあってはならないことだと思います。
その曲が終わるのを待ってから、音量を下げるようお願いするのが筋ではないでしょうか?

今後、同じ会館で開催するようでしたらぜひそこの問題のクリアを期待したいと思います。


[PR]

by nobirukko | 2017-05-14 21:00 | とっておきの音楽祭

PAについて思うところ

PAが音楽祭には欠かせない存在で、きちんとお金を払って依頼すべきである事は「 PAはただか? 」の記事でも書きましたが。

ここではPAの方を擁護させてください。

元々は実行委員長お得意の、「私の知り合いがただで…」のフレーズで騙されてきたのですが(笑)
この人がダメならあの人で、あの人もダメだから今度はこっちみたいな…
本当に失礼なやり方だと思います。

しかも、あちらは金銭を要求してきたので断ってこっちにした、と言う発言も会議では出ていました。
プロですから金銭を要求して当たり前ではないかと思うのですが、意味がわからない。

そのうち、「誰かに機材を借りて、誰かに初期設定をやってもらえれば出来る人がいるのでお願いしたい」って言い出す(^◇^;)
全く意味がわからない。

で、その方も15組の出演ステージをさばく自信がなかったのか、降りてしまいました。
必要以上にその方が無責任に見えてしまう展開に、そもそもが実行委員長がちゃんと説明してくれたのか?、疑問の残る部分です。

当日私が担当したステージのPAさんですが、実行委員長の言いようがひどかったからどんな人が来るのかと不安でしたけど(笑)すごくきちんとした方でした。
aさんは無料でやると言ったのに、具体的な話になったら約束を反故にして高額請求してきた、みたいな事を言ってたらしいけど。
相手はプロですから、意味なくただとは言わないだろうと思うんですよね。
音楽のジャンルや人数、必要機材をきちんと説明して依頼したのでしょうか?
実行委員長の説明に問題はなかったのでしょうか?

その後慌ててsさんに相談に行ったそうですが、aさんの提示した金額は高額というよりまあまあ妥当な金額で。
最終的にはsさんが紹介してくれたnさんが引き受けてくれましたけど、結果的には最初のaさんの提示金額とはそんなに著しい差はなかったと聞いてます。

…家電製品買うんじゃないんだからさ。
ヤマダ電機行ったら10万だったけど、Kケーズ電機は9万5千円だったって喜んでるような内容ではないでしょ〜!
相手は人間だよ〜!

ってツッコミを入れたくなっちゃうの、私だけ??笑

実行委員長が自分を正当化すると、必ず他の人が悪者になります。
この方程式はなんとか改善してほしいと常々思っていました。

会議ではそんなやり取り、ぬか喜びやふりだしに戻る話が延々と続くいわば不毛な時間です(笑)
実行委員長は自分の顔が広いところを見せつけたいのかも知れないね、って誰かが言ってたけど、その度に一喜一憂は疲れます。

はぁ〜 、もっと普通の会議がしたかった(;_;)

[PR]

by nobirukko | 2017-05-13 22:16 | とっておきの音楽祭

oさんの息子さん

音楽祭でoさんが演奏を止められた時、会場にはoさんの奥さんも小学生の息子さんもいらっしゃいました。

演奏止められた上に悪者扱いをされているお父さんの事をどう思ったでしょう。
お父さんが悪いことをしたと思ったでしょうか?

言ってもいない事を言ったと言われ、謝罪にもならない不愉快なメールや電話に対応。
日々の忙しい仕事や責任のある立場で、oさんがこの不毛なやり取りをストレスと感じるのは当然だと思います。

oさんが長距離運転中に、万が一事故でも起こしてしまったら…
実行委員長は何と言って息子さんに詫びるのでしょう。

私 嫌なんですよね〜(´・ω・`)
誰かの失敗の隠ぺいのために、悪くない人を悪者にしておいてその誰かを守るってやり方。
もういい加減、やめませんか?

失敗、間違い、過ちのない人間なんていません。
聖人君子じゃないんだから。
起きてしまった事を隠ぺいして自分達の都合のいいように塗り替えるのでなく、きちんと問題点を捉え、認め、反省して謝罪する。
それを子どもたちに見せていけばいいと思うのです。

隠ぺいする大人達を見た子どもは 、失敗したら隠して誰かのせいにすれば良いと学びます。
のびるっこではそんな大人を見せたくないし、そんな大人でいたくないし、そんな大人になって欲しくありません。


[PR]

by nobirukko | 2017-05-12 22:34 | とっておきの音楽祭

出演者クレームの真相 5

ここまで出演者クレームと書いてしまいましたが、oさんの件は「苦情」と言うよりも「異議・異論」であり「良くなるための提案」であり、「誤解を解く」ための時間でした。

oさんの主張はいちいちもっともであり、とても普通の反応だったと思います。
誰に聞いても事務局以外の皆さんは、oさんの気持ちを理解してくれていました。

いつからか私たちは、色々な疑問、不安、不満を心に封じ込め、蓋をし、語らなくなっていました。
自分の考えを伝えるには、実行委員会の風通しの悪さと実行委員長の暗い表情がそれを阻んでいました。

言いたい事も言えない実行委員会。
言ってもいない事を言ったと言われて悪者にされてしまう実行委員会。
そんな事を気付かせてくれたのもoさんでした。

いずれにしろ納得しない状態のまま、oさんは気持ちを収めることにしてくれました。
事務局の対応に比べたら、大人の対応をしてくださった事に大変感謝しています。
そして気の済むような幕引きをしてあげる事のできなかった私たちの責任を感じています。

因みに…
あの芝生ステージで最後まで片付けを手伝ってくれた出演者は、Oさんただ1人であった事も付け加えさせてください。

[PR]

by nobirukko | 2017-05-10 22:35 | とっておきの音楽祭

挨拶ってしに行かなきゃダメですか?

とっておきの音楽祭には、たくさんのスタッフがお手伝いをしていました。
当日や前日準備で初めてお目にかかる方も居ました。

私のバンド仲間はもちろん、前回も手伝ってくれた同級生や家族、リコーダー隊のメンバーも気持ち良く最後までお手伝いをしてくれました。

特にスタッフTシャツを着た当日のみのスタッフが、私の友達だけでも4人。
でもこの中の誰一人として、実行委員長から声をかけられていない事がわかり、とても驚きました。
それと同時に、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

実行委員長が私を嫌っているにしても、それとは関係なくないですか?

明らかに同じTシャツだし…(。-_-。)
第1回の音楽祭では会議にも参加してた友達、一日中音楽祭からこれで3回目のお手伝いをしてくれてる友達、忘れられちゃったのかなぁ…

今日はお世話になります、とか
おつかれさまです、とか
言ってもいいですよね?

実行委員長の関係者のスタッフに、私達は普通に挨拶しましたよ。
でも、それは特別なことではない、ごくごく当たり前のことです。

出演者ミーティングで、「私を見かけたら、声をかけてくださいね!」って言ってた実行委員長。
スタッフもそうしなければいけなかったのでしょうか?



[PR]

by nobirukko | 2017-05-09 21:37 | とっておきの音楽祭