人気ブログランキング |

のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
1億総老後崩壊社会を考える
at 2018-02-04 16:39
絵本セラピー
at 2018-02-02 21:41
雪だるま
at 2018-01-23 22:59
極寒の高尾山
at 2018-01-13 23:05
今年は深川七福神
at 2018-01-01 18:25
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

甲状腺検査、福島での現状

d0160351_10491539.jpg
d0160351_10492728.jpg


東京新聞、5月18日の記事です。
福島県での甲状腺検査ですが、
「3割以上の子供たちに『小さなしこり』や『のう胞』が見られたにもかかわらず、「おおむね良性」という判定結果に親たちは不安を募らせている」
とあります。

通販生活の夏号でも同様の記事がありましたが、この健康管理システムは親たちが安心感を得られるものとは程遠いものと感じます。

記事の中で、北海道がんセンターの西尾正道院長は
「福島の子どもが異常かどうかは、原発事故の影響がない地域の子どもを調査し、比較すればはっきりする。エコー検査は人体に影響もなく、やる気があればできるはずだ。」
と言っています。

以前、クラシル主催で講演してくれた非電化工房の藤村靖之氏も
「甲状腺障害は早期診断、早期治療で100%治癒する。早期診断はエコー検査だけで、子供にとっては痛くもないし、害もない。2年以内に1回目の診断をすべきだ。そうすればみんなが安心できる。県や市がやらなかったら、実施を要求したほうがいい」
と言っています。

福島県は群馬県のお隣の県。
群馬県の甲状腺検査は本当に必要ないのでしょうか??

18歳未満のお子さんには、この2年の間に甲状腺の検査を受けることをお勧めします。
甲状腺検査は「血液検査」、「尿検査」、「触診」と「エコー検査」ですので、子どもにとっても負担はありません( ´ ▽ ` )ノ


【のびるっこお問い合わせ】
メール  shisoyui@rapid.ocn.ne.jp
電話   09023170262

by nobirukko | 2012-05-22 09:35 | 放射能から子どもを守る
<< タイ料理 金環日食だ~!! >>