のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
1億総老後崩壊社会を考える
at 2018-02-04 16:39
絵本セラピー
at 2018-02-02 21:41
雪だるま
at 2018-01-23 22:59
極寒の高尾山
at 2018-01-13 23:05
今年は深川七福神
at 2018-01-01 18:25
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

要注意!果糖ブドウ糖液糖

四つ葉生協の勉強会で話題となった「果糖ブドウ糖液糖」。
ペットボトルのジュースや缶ジュースの成分表示でよく見かけますが。
これってどういうものなのか知ってますか?

以前から、血糖値や低血糖症の記事を載せてきましたがわかりやすかったのでお知らせします。

お米や食品に含まれる糖分は緩やかに吸収され、緩やかに血糖値を上昇させるため血糖値の下降も緩やかです。
一方、砂糖などの糖分は一気に血糖値を上昇させ一気に下げる。
このため、低血糖症に陥りやすくなります。

それでも甘いものに含まれるを砂糖成分は、体内で分解されてから吸収されてから血液に入るという過程があるのですが、この果糖ブドウ糖液糖についてはなんと直接血液に入ってしまうそう(>人<;)

その結果、低血糖症、体内でインシュリンが作れなくなる糖尿病になりやすくなり、イライラの原因や肥満の原因になるそうです。

イオン飲料ということで、スポーツをする子供や熱のある際に飲むアイソトニック飲料も同じく果糖ブドウ糖液糖が表示されています。

ちなみに成分表示というものは、多く入っているものから順番に表示義務があるため、一番最初に果糖ブドウ糖液糖とあったら、気をつけてくださいね。

ゆいの家の高石さんも育成会のインリーダー講習会で、
「イライラしたり落ち着きのないお子さんが居たら、飲み物を変えてみるといい」
って言ってました。
水やお茶で充分ということですね。
高石さんのお話も、同じ内容だったと思います。

d0160351_1714394.jpg


生協ブランドのジュースです。
入ってますね〜。

お子さんには薄めて飲ませるなど、配慮が必要なようですね。
ま、子供には水やお茶で対応しましょう。
お金もかからず健康で穏やかに育ちます(^ー^)ノ
[PR]

by nobirukko | 2014-02-28 23:10
<< 親子ドーン もらった! よつ葉カフェ >>