のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
1億総老後崩壊社会を考える
at 2018-02-04 16:39
絵本セラピー
at 2018-02-02 21:41
雪だるま
at 2018-01-23 22:59
極寒の高尾山
at 2018-01-13 23:05
今年は深川七福神
at 2018-01-01 18:25
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:子育て ( 36 ) タグの人気記事


危険な殺虫剤

危険なのは虫よけスプレーだけではありません。
殺虫剤も、気軽に使っていませんか?

空気中に拡散された殺虫成分、ハエや蚊のように自分も吸ってるということに気づいているでしょうか?

私がいつも大事にしてる「バランス」なんですけど、農薬の少ない食べ物を買って食べている人が、殺虫剤もディートの入った虫よけも普通に使ってたりしているのはアンバランスと感じます。

食べるものも大事だけど、空気はもっと大事です。

食事の量が1日1キロだとしたら、空気はその20倍が体に入ります。
食事は肝臓で解毒されますが、空気は肺から直接血液に入り全身を巡ります。

最近流行っている、窓の外に吊るして長く効果がある薬剤などは、その分長く吸い続けるということになるのです。

ネオニコチノイド系、フィプロニル系は脳神経毒作用があり、長時間の使用で健康被害も出ています。

昔ながらの防虫菊やヨモギを練り込んだ蚊取り線香がオススメですよ。
d0160351_16491361.jpg


[PR]

by nobirukko | 2017-06-21 18:12 | 子育て情報

虫よけスプレー

毎年アロマオイルと精製水で虫よけスプレーを作っています。
yuiが保育園の時からだから、かれこれ15年(笑)

それは市販の虫よけスプレーには「ディート」が入っているからです。

「ディート」は第二次世界大戦中、ジャングルの中で蚊やブヨなどの虫よけ剤として、アメリカで兵士用に開発された薬剤で、副作用も多く確認されています。

そのため現在、ディートを使用した虫よけ剤には、厳しい使用制限があるのです。

6ケ月未満の乳児  使用禁止
6ケ月〜2歳未満    1日1回の使用
2歳〜12歳未満      1日1回〜3回の使用に抑える

この記述だけでも、どれだけ危険な薬剤か想像できると思います。

ティーツリーオイル、レモングラス、ハッカ、ミント、ゼラニウム、ラベンダー、ユーカリレモン、シトロネラ。

この中で香りを確認しながら、自分の好きな感じにブレンドします。
なので、毎年微妙に違う(笑)

尚、アロマオイル自体は上質なものを選んでくださいね。
100円ショップのものはオススメできません。


[PR]

by nobirukko | 2017-06-20 19:12 | 子育て情報

読み聞かせ 半田保育園

今日の読み聞かせ先は半田保育園です。
今回渋川で読み聞かせした園の中では
最多の52名の園児で、2クラスに分かれて読み聞かせをしました。

{B97278A7-B1EC-4F1F-805B-21EE979F7873}

クラスごとに個性があり、それぞれの反応の違いに楽しませていただきました。

お手伝いいただいたのは、前回に引き続きharumiさんでした。
のびるっこには子育てが一段落したママが多いため、こういう企画で小さな子どもたちからパワーをいただけるのも嬉しいことのひとつです。

[PR]

by nobirukko | 2017-02-10 22:17 | お料理はじめの一歩プロジェクト

読み聞かせ 行幸田保育園

渋川で本日2園目の読み聞かせは、行幸田保育園です。
こちらからは反対に赤城の山並が美しく見えます。
午前中、午後と山のあっちとこっちにいるというのが不思議な感じです。
d0160351_21140526.jpg

年中児43人で1クラスと聞いていたため、さぞかし賑やかかと思いきや・・・
何でしょうね、この静かな感じ!
鼓笛隊があると聞きましたが、それが故の集中力なのでしょうか?

読み聞かせを手伝ってくれたのは、このクラスに娘さんがいるmayumiさんです。
娘さんとのお料理エピソードを、ぜひいただきたいですね〜( ´ ▽ ` )ノ


[PR]

by nobirukko | 2017-02-09 20:57 | お料理はじめの一歩プロジェクト

読み聞かせ 赤城保育園

昨日は渋川で読み聞かせをしてきました。

午前中は赤城幼稚園です。
榛名の山並みがとっても綺麗に見える眺めのいい場所にあります。
d0160351_20502728.jpg
みんなの家では、ごはんは誰がつくってるの〜〜?」と聞くと
「ママ」「ママ」という声がほとんどで、「パパは作らない」なんて声も聞こえました(笑)

パパにもぜひ頑張って欲しいですね〜(笑)


読み聞かせてくれたのは、赤城在住のharumiさん。
バルーンアートが得意です。

[PR]

by nobirukko | 2017-02-08 20:49 | お料理はじめの一歩プロジェクト

読み聞かせ 伊香保保育園

今日は渋川と高崎で同時多発読み聞かせです(^∇^)

先ずは渋川は伊香保保育所。
道の脇にはまだ雪が残り、子どもたちは足あとだらけの園庭を長ぐつを履いて元気に遊んでいました。
d0160351_20422247.jpg
{D771A35D-4ADB-4998-9DD8-78E4EE3068E0}

絵本の中のぼくのように、きゅうりを切ったり人参を切ったりしたいという声が多く聞かれました。

読み終わった頃にはちょうど、本物のお料理、お昼ご飯のいい匂いがしてきました( ´ ▽ ` )ノ

読み聞かせを手伝ってくれたのは、emikoさんでした。
優しい声に、癒されました。


[PR]

by nobirukko | 2017-02-01 20:38 | お料理はじめの一歩プロジェクト

3.11後を生きる子どもたちへ

今年度の小児甲状腺検査の報告会を行います。
みなさん、ぜひお出かけください( ´ ▽ ` )ノ
d0160351_18063231.jpg


[PR]

by nobirukko | 2017-01-27 20:05 | 放射能から子どもを守る

読み聞かせ 第4保育園

d0160351_18130561.jpg
「お料理はじめの一歩プロジェクト」の読み聞かせが始まりました。

今日は渋川で最初の読み聞かせ。
「渋川第四保育園」に行ってきました〜!

風邪でお休みの子もいたため、13人と少なめの年中さんがホールにずらっと並びました。
そのお行儀の良さと真剣な目に、読み聞かせる側が思わずおどおどしてしまうという一幕も(笑)

2回目に読んだ時は「おいしくなあれ!ちろりろりん♪」と、みんな一緒に大きな声で、ひみつのじゅもんを唱えてくれました。
可愛かった〜♪( ´▽`)

ちょうど保育参観にも重なり、リーフレットは直接保護者に手渡され、園長先生からの趣旨の説明も聞いていただけたようでラッキーでした。

一緒に読み聞かせをしてくれたのは、3児のママのmayumiさんでした。
おつかれさまでした。


[PR]

by nobirukko | 2017-01-26 22:06 | お料理はじめの一歩プロジェクト

小児甲状腺検査 はと保育園

前橋のはと保育園にて、小児甲状腺検査のお手伝いをしてきました。
これこれ…
d0160351_01182241.jpg
このパン目当てでお手伝いしてるらしいよ(笑)
やった〜!今日はかつサンド( ´ ▽ ` )ノ
コールスローも買ってきた。
いただきま〜す♫


[PR]

by nobirukko | 2016-12-17 22:15 | 放射能から子どもを守る

小児甲状腺検査 in 玉村

あんなかひだまりマルシェ主催の小児甲状腺検査のお手伝いです。
月に一度、受付をお手伝いしていますが
毎回50人程度の申込みがあり、親御さんの関心の高さを実感しています。

d0160351_08464466.jpg

甲状腺のエコー検査は、安心して暮らすためのひとつの選択です。

「安心と暮らす、選択
受けてみませんか 甲状腺エコー検査

放射能の健康への影響にはさまざまな見解があります。それを知った上で、親として子どもたちにできることを考えた時、
・検査して知る ・知って備える ・万が一の被害を最小限にする
この準備はできるのではないかな、と
その思いで、この「群馬県における甲状腺エコー検査」をスタートすることにしました。
子どもたちが元気に大きくなるように「今できることをしよう」「今からでも遅くない」という思いが集まり、この事業が実施できることに心から感謝です。」

検査対象は、平成4年4月2日以降に生まれた方ということで、原発事故の際に18歳未満だった子どもたちが対象となっています。
検査画像は日本乳腺甲状腺超音波医学会のガイドラインに沿って行われ、福島県で県民健康調査における福島判定が採用されています。
のう胞や結節の有無、大きさでA1、A2、B、Cの判定で報告書が作成されます。

検査は簡単なエコー検査(超音波検査)のため、子どもへの負担もなく気軽に受けていただけます。
平成4年の4月2日以降の誕生のお子さんはぜひ一度受けてみてはいかがでしょうか。


[PR]

by nobirukko | 2016-12-03 22:39 | 放射能から子どもを守る