人気ブログランキング |

のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
1億総老後崩壊社会を考える
at 2018-02-04 16:39
絵本セラピー
at 2018-02-02 21:41
雪だるま
at 2018-01-23 22:59
極寒の高尾山
at 2018-01-13 23:05
今年は深川七福神
at 2018-01-01 18:25
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:登山 ( 5 ) タグの人気記事


極寒の高尾山

仕事で急きょ高尾に行く事になったので、一応トレッキングシューズを車に積んでスポーツ用のスパッツを履いておいた(笑)

結局お昼過ぎになってしまったけど、ちょっと登って来ようか。

子供の頃から何度も来た高尾山は、いつもロープウェイで登って参道を歩いてお参りしてたけど、今日はきちんと歩こうと1号路から登り始めました。

この1号路が意外とシャレにならない。゚(゚´ω`゚)゚。
お昼ご飯のとろろ蕎麦とちょっとだけいただいたビールが影響してるのか(笑)
結構な急勾配で、なかなか進みません。
頂上まで行って、明るいうちに戻って来られるかなぁ〜…

とにかく先を急ぎ、へとへとになりながらようやく浄心門。
ここから4号路の吊り橋コースを行きます。
d0160351_00590685.jpg
1号路の単調な登り坂より、こういうアップダウンが好き♫

そして頂上へ!
あ〜気持ちいい( ´ ▽ ` )ノ
新宿のビル街も見渡せます。
d0160351_01002939.jpg
こんな寒い季節なのに、たくさんの観光客にはびっくりです。
さすが、登山客が世界一と言われる高尾山です。

それにハイヒールの女性も普通に歩いてる山って見たことない(笑)
ロープウェイがある事や、道路が舗装されてることが身近に登れる山として愛されてるんでしょうね。
d0160351_01005901.jpg
これこれ!美味しかった!!
焼いたお団子に 焼きまんじゅうの味噌をちょっとしょっぱくした感じのを塗ってくれるんだけど、あんまり美味しくて一気に食べちゃった(笑)

帰りは薬王院を裏側から通り、1号路をひたすら下ったせいか脚のあちこちが痛んでくる(>_<)
papaさんに運転お願いしようかな(笑)

帰って夕ご飯作るのに間に合うね〜
今夜はナスDも観なきゃだしね〜(笑)

圏央道が通ったおかげで、家から1時間半。
高尾山はとても身近になりました。



by nobirukko | 2018-01-13 23:05 | アウトドア

相馬山

友達と7人で相馬山に登ってきました。
ここは修行僧の山と言われる険しい山です。
yuiの保育園の遠足で、年中さんのyuiたちと一緒に登った山なのですが(^_^;)

改めて登ってみると、鉄のはしごが垂直に見えるほどです。
ここを、運動とは無縁の保護者と、5歳児に歩かせるのだから、乱暴な保育園と言わざるを得ません(笑)

さて、ヤセオネ駐車場に到着しトレッキングシューズに履き替えようとしたところ、「俺の靴がない!」とpapaさん。

どうやら玄関の外に出したまま積み忘れたらしい(−_−;)
しゃあない、クロックスで登ろうかと思ったら、スタンスミスが入ってました!
スタンスミスでええやん(^◇^;)

真新しい真っ白なスタンスミスがちょっとアンバランスですが(笑)、無事に山頂に到着。
d0160351_07295016.jpg
山は気持ちいいね〜( ´ ▽ ` )ノ
山頂でお弁当を食べて下山。
伊香保の温泉に入り、地元で下山祝いです。

女子たちには結構きつめの山だったようですが、私は疲れもあまりなくこの山はなんだかしっくりいきます。

次はどこに行こうか、考えるだけでワクワク♫
みんなそれまでスクワットとストレッチ続けてね〜( ´ ▽ ` )ノ


by nobirukko | 2017-06-11 22:54 | アウトドア

今年の登山は池の平

年に一度の登山です。
今回は昨年登った湯の丸のすぐそばの池の平。
毎度のことながら5時集合です( ̄◇ ̄;)

今回はパパが出張で戻れなくなったので、キャンセルを考えていたのですが
(内心「やった~!」と思っていたのは内緒です)
yuiがどうしても行きたいというので、母はかなりがんばってみました!

d0160351_12424873.jpg

篭の塔山の頂上から眺めると、雲の上から顔を出したアルプスの山々が見渡せます。
標高2040メートルです。

1時間待って、水の塔山を制覇した猛者グループと合流します。
(猛者グループのほうが平均年齢が高い!!)

お昼ごはんの後は、見晴岳、三方ヶ峰を経由して池の平湿原の木道を歩きます。
d0160351_12472897.jpg

イワカガミ

d0160351_1252965.jpg

ツバメオモト

d0160351_12525061.jpg

コマクサ

たくさんの高山植物が花盛りです。

今回、私個人の6月の予定がぎっしりで、登山に関しては気持ちがバックギアだったにもかかわらず、身体は楽勝でした♪
勝因は、ステッキ2本使いと山用スパッツでしょうか。



股関節、腰、ひざ、ふともも、ふくらはぎの安定、サポートが目的です。
体軸のブレを抑えるためよろよろがなかったり、帰り道によく経験する「ひざが笑っちゃう」ということも今回はなかったのはこのおかげ!?と思っています。
(もちろんこのスパッツの上に、半ズボンをはきます)

それと地道な毎日の散歩の成果がでたのかな~と ヽ(;▽;)ノ
継続は力ですね~!
とら、yuiありがとう!!

温泉に入ってから今回初参加のお兄ちゃん、お姉ちゃんとウノに興じます。
パパが居ないんで躊躇したけど
「行って良かった~♪♪」
って思いました。
毎度のことですが、連れてってくれた皆さんに感謝です~♪
最年長は74歳。
yuiと20代のお兄ちゃんお姉ちゃんを除くと、平均年齢62歳!
いくつになっても山を登れる私で居たいです♪

なんか登ってみたくなっちゃった人居ます~?
後半のルートだけだったら、赤ちゃんおぶってたパパさんも居たし、わけなく登れると思いますよ~。
行きますか~??

by nobirukko | 2012-06-23 22:20 | おでかけ

湯の丸山・烏帽子岳登山

昨日は年に1度の登山の日。
そして年に1度、日頃の運動不足を強く強く実感する日です。

d0160351_11244479.jpg

レンゲツツジには少しだけ早かったけど、イワカガミが満開です。

d0160351_11255917.jpg

「遭難しない様に鐘をならすんだよ」「そうなんですか!?」って・・・

d0160351_11285853.jpg

息が苦しい!心臓がバクバクだ!みんな待って~!!

d0160351_11295494.jpg

みんなは烏帽子岳へ行ったけど、私につきあいyuiもここでリタイヤ(^_^;)
ご飯を食べてしばしお昼寝。

yuiが保育園の時に登った山です。
「楽だった♪」という記憶のyuiは、私たちを置いて早々に頂上へ辿り着きました。

私はというと、最初の登り上げはきつかったけどさほど苦もなく登れてホッとしました。
トラウマである、「谷川岳」「日光白根」に比べたら、どこもなんとか踏破できる!
そんな小さな自信が生まれました。

のびるっこで登るとしたら・・・
地蔵峠からキャンプ場経由のなるい道を行き、烏帽子岳だけの登山。
そんなルートが負担なく満足できるかなと思われます。
参加したい方がいらっしゃいましたら、ぜひ声をかけて下さい。

d0160351_1136757.jpg

毎度お世話になる元気な仲間(23名)です。平均年齢60歳以上の彼らに学ぶ事が満載です。
来年までには一緒に2山登りきれる体力を付けたいと思っています(*^^)v

【お問い合わせ先】

のびるっこ メール nobirukko@ezweb.ne.jp
       
        電話  09093301739

by nobirukko | 2011-06-19 11:14 | おでかけ

野反湖 八間山制覇

年に一度の「登山」の日です。(案内にはいつも「ハイキング」って書いてありますが・・・)

一昨年は荒船山でした。
昨年にいたっては谷川岳でした!!
まったくもってハイキングじゃありません(笑)

今年は初めてハイキングらしく野反湖へ。
湖畔を歩くのかと思いきや、山を3つ登る予定とか!

25人のメンバーのうち、私が若い方から4番目という
最年長は71歳という、みなさんすばらしい健脚の持ち主たち。
(もちろん最年少はyui9歳)

少し登っては息があがってしまい
「yui、無理しないで休んでいいよ!」と声をかけるものの
「自分が休みたいんでしょ?」と見透かされ(汗)

必死なワタシに比べて、おしゃべりしながら余裕で歩く皆さんに毎回刺激を受けます。
d0160351_1641292.jpg

シラネアオイがきれいです。

d0160351_16563.jpg

湖畔に虹がかかりました。

d0160351_1661454.jpg

熊笹の道を歩きます。

1934mの山でした。
印象としては水沢山並み(!?)
そして山の木の実が豊富なのでしょうか?野生動物に荒らされた痕跡がありませんでした。

そしてワタシとyuiとBさんの奥さんがそこでリタイヤ(汗)
早々におにぎりタイムです。


後半は湖畔を歩く5名
残り17名はエビ山(1744m)と弁天山(1652m)へと。


毎年ご一緒させていただく50代60代70代の皆さんに、たくさん元気をもらい
わたしも元気なおばあさんを目指して、明日から身体を鍛えるぞと心に誓うのでありました。
(明日からかい!?)

by nobirukko | 2010-06-05 23:43 | どうでもいいこと