のびるっこ


好奇心旺盛なおとなとこどもの本気の遊び場
by nobirukko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入り
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
1億総老後崩壊社会を考える
at 2018-02-04 16:39
絵本セラピー
at 2018-02-02 21:41
雪だるま
at 2018-01-23 22:59
極寒の高尾山
at 2018-01-13 23:05
今年は深川七福神
at 2018-01-01 18:25
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:舞台・音楽 ( 59 ) タグの人気記事


とっておきの音楽祭in町田に参加

「とっておきの音楽祭inまちだ」に出演してきました〜♪( ´▽`)

去年ここに来た時、芝ヒロのメインステージの反対側にこじんまりしたステージがあって。
あそこにドラムがあったから、バンドはあそこでできるんじゃない?
きっと気持ちいいよ♪( ´▽`)
なんて勝手に思い描いていた私たち。

ライブの動画を添えてエントリーしてもらったら、お盆に「選考通過」の連絡が入りました〜♪(´ε` )やったね〜

でも会場を聞いてびっくり!
屋外で気持ち良く演奏をって思ったら、なんと屋内、しかも地下(笑)
会場は「まほろ座」と言うライブハウスでした。

なのでちょっとした緊張感で、今までまともにスタジオに入った事のない我ら“ふるちゅ〜80っす。”が、今回は2度もスタジオ練習してしまった(笑)

そして本番当日、あいにくの雨だったけど心は晴れやか( ´ ▽ ` )ノ

地元からの仲間と、ちょうど東京に居た恩師、メンバーの別バンドの仲間、私の従姉妹とその息子のsyougo君が応援に駆けつけてくれました。

まるでキャバレーのような照明とミラーボールの中、ドライアイスまで出てきちゃってこれはこれで気持ちいい〜(笑)
d0160351_19150424.jpg
画像だけ見ると、とっても上手そう(笑)
古巻中学校を1980年に卒業した同級生バンド“ふるちゅ〜80っす。”は、まだまだ成長段階です。
皆さんの優しい耳と優しい心が頼りです(笑)

ステージに降りた途端、「せっちゃ〜ん!僕きたよ〜( ´ ▽ ` )ノ」と満面の笑みで手を振るsyougoくん。
可愛い♫
彼は知的障害があります。
「せっちゃ〜ん!頑張ってね〜!!」
何度も何度も声援を送ってくれる。
とっておきの音楽祭ならではの光景に目頭が熱くなる(T ^ T)

演奏の後でしばらく飲みながら、他のバンドの演奏を楽しみ、みんなで昼間から空いてる居酒屋で祝杯をあげました。
総勢11人での酒盛りは超楽しい(#^.^#)

フィナーレに参加、オハイエを一緒に踊りながら町田の夜を堪能しました。

安中での音楽祭で、スタッフでありながら出演者でもあったことで、充分な仕事ができなかった部分も感じていました。
単純に出演者として楽しみたい‼︎
そんな気持ちでエントリーを決めた経緯があります。

80っす。の歴史では、間違いなく転換期となった今回のライブ。
いつまでもきっと忘れないキラッキラの思い出です。

[PR]

by nobirukko | 2017-10-15 23:48 | とっておきの音楽祭

拓郎&かぐや姫ナイト

音処きしんにて、「拓郎、かぐや姫ナイト」開催♬

私はどっちもあまり興味ないですが(^◇^;)
papaさんはかぐや姫大好きで、aokiちゃんのソロデビューという事もあって行ってきました。
d0160351_02001015.jpg
吉田拓郎やかぐや姫をカバーした方々です。
演奏順はくじ引きだったため、後から歌う人ほど曲が限られてくるそう(о´∀`о)

ブルースハープで始まり、歌い、またブルースハープでエンディングって 拓郎のパターン(笑)
ファンって みんなが知らない曲を歌う方が楽しいのかなぁ〜
知らない曲ばかり(笑)

残念ながら、かぐや姫を演奏した方は1組でした。
papaさん、がっくり( ̄▽ ̄;)


[PR]

by nobirukko | 2017-01-21 23:57 | 舞台・音楽・映画

KATUMIギター教室

PTAの選考委員会を終えて KATUMIギター教室にお届け物があったので寄り道。
一生懸命練習してんのかなぁ…
(´⊙ω⊙`)飲み会かいっ(笑)

d0160351_10484596.jpg


ここで学ぶ生徒のhikaruさんは、うちのバンドのキーボード opariさんの旦那さん。
歌がめちゃくちゃ上手いのに、さらにギターを始めちゃいました〜〜!
これで弾き語ったら、鬼に金棒!!

それがね〜 なかなか手強いみたいですよ、ギターって。
ギター教室開設当初、
しばらくはお通夜のような「冬の稲妻」だったというその腕前(笑)
そろそろ位牌上げ済んだ?
いやいや まだ初七日! って(笑)
仏さん 成仏出来ないね(笑)

それでも親父3人、ギター片手にこのカラオケボックスに集まっては、夜な夜な練習を繰り返す。
この根性だって立派なものだと思います!

頑張れ〜!hikaruさん٩( ᐛ )و
いつか普通の「冬の稲妻」聴かせてね〜(笑)

[PR]

by nobirukko | 2016-11-10 23:33 | 舞台・音楽・映画

風のまち音楽祭 2016

昨日に引き続き今日も、ストリートライブに。
前橋の「風のまち音楽祭」を下見に来ました。

地元群馬のストリートライブはどんな感じか、見てみたかったのです。

d0160351_18523977.jpg

メイン会場の中央イベント広場は、ほぼジャズフェスです。
「ビールがつくるおいしい時間」をテーマにフード屋台が軒を連ね、音楽を聴きながら美味しいつまみとビールを楽しむギャラリーたちで溢れています。

d0160351_18524008.jpg

ありがとね(^ω^)昨日は譲ったので、今日は私が飲ませていただくね(笑)
papaさん、ノンアル(笑)

d0160351_18524044.jpg

会場は5箇所。
ここ、前橋テルサのロビーはクラシック、ジャズのプログラムです。
屋内だけど、たくさんの窓のせいか開放的な空間です。

2日間で65団体だったかな。
ゆったりしたいい音楽祭でした。




[PR]

by nobirukko | 2016-10-02 23:56 | 舞台・音楽・映画

とっておきの音楽祭in町田に行って来ました〜♪

「障害のある人もない人も、音楽のチカラで心のバリアフリーを目指すストリート音楽祭」がコンセプトのとっておきの音楽祭。
東京都の町田で開催されるという事で行ってまいりました。

今年は本家、仙台のとっておきの音楽祭にも行けなかった事だし、ストリートライブに飢えていた私たち実行委員の5人と、週の初めから出張中のpapaさんが合流しての6人で音楽のチカラを堪能します♪(´ε` )

メイン会場の芝生が敷き詰められた「町田シバヒロ」の他に、街の各所に7会場が設置され、総出演者80組。
総勢500人のパフォーマンスが繰り広げられるという事で、みんなワクワク(^ω^)
早速 豚串とビールで乾杯♪( ´θ`)ノ
d0160351_20213973.jpg


d0160351_20214021.jpg

ここ小田急カリヨン広場ではちょうど、「はしだのりひことシューベルツ」と「はしだのりひことエンドレ」の、それぞれのメンバーが出会って結成されたユニット「シューベルツ.com」と言うほぼ玄人な出演者と遭遇(笑)
さすが東京!
道行く人も足を止めて聴き入り、一緒に口ずさんじゃう、そんな空間でした。

d0160351_20322813.jpg

ストリートはいいよね。
こうやって興味のある人が立ち止まって聴いてってくれるから。
チケットを買ってもらったり、誘って来てくださいって言うんじゃないからとっても気楽(笑)

d0160351_20323055.jpg

町田ジョルナの4階、「ノイズ」では、showjiさんの演奏が始まりました。
四肢麻痺で電動車椅子。
ん?ギターを弾くの?ロックを繰り出すって?

・・・・・えっ 何これ 凄すぎる!

たくさんの???は全く意味をなさなかったのです。
だって彼はギターを弾いているんだもん。
四肢麻痺で、電動車椅子で、今 目の前で‼︎

半端ないです。
そのギターテクニック。
久々に 頭をガツ〜〜ンって・・・
もう ガツ〜〜ンって感じ。

ただただ 目の前に起こった驚愕の事実だけがまぶたに刻まれました。
showjiさん、あっぱれでございます。

そんなわけで、全会場制覇して広場へ戻り。
また豚串とビールで乾杯(笑)
d0160351_20323162.jpg


って・・・buchi! buchi! それどころじゃないよ!
すごいの始まっちゃったよ!

d0160351_20323218.jpg

ワオ!!♪( ´θ`)ノ
男性陣、目の保養(笑)

d0160351_20323334.jpg

フィナーレは、サンバのリズムに乗って町田のオリジナルソング「とっておきのカーニバル」。
いい曲だなぁ〜!
チアリーダーのパフォーマンスも素晴らしい!

あ〜 満腹(笑)
すっかり楽しませていただきました。

[PR]

by nobirukko | 2016-10-01 23:26 | とっておきの音楽祭

ユニオンフェスティバル2016

私の師匠、ワンハンドドラマーのmasamiさんも参加するということで、昨日は甲状腺エコー検査のお手伝いの後でついでにこのイベントに行ってきました〜ヽ(´▽`)/

d0160351_18064639.jpg

熊本への復興支援のためのチャリティーイベントで、ぐんまちゃんやAKGも参加。
観音山ファミリーパークは、多くの人々で賑わってました〜!

d0160351_18064654.jpg

師匠 すごいな〜〜!
最新のマシンを駆使してかっこいいね〜!

師匠のmasamiさんは、40代で病気のために半身が麻痺。
現在リハビリを続けながら、仕事の傍ら音楽活動を続けるワンハンドドラマーです。

そして私のドラムの師匠として、本当にありがたい存在でもあるのです。
両手が動くのにも関わらず、師匠の1/100も音を奏でる事が出来ない自分に苛立ちながらも、師匠を見習って少しでも叩けるようになりたいと思う。
思うんだよ(^_^;)
思う事は思うのだけど(^_^;)
本当に思ってはいるんだよ(^_^;)
ごめんね、師匠、全然上達しなくって(^_^;)

あれ〜〜 なんの紹介だったっけ(^_^;)

[PR]

by nobirukko | 2016-09-12 21:38 | 舞台・音楽・映画

聴覚障害フラダンスチーム

聴覚障害のフラダンスチーム「プアナニ」がなぜあんな素晴らしいフラダンスを耳が聞こえないのに出来るのかを先に説明します。

彼女たちの中には、全く聞こえないわけでなく響きや振動、大きな音がわかる人もいます。
雷が落ちる音が怖いという友達もいます。

生まれつき音が聞こえない人や、言葉を獲得してから聴力が落ちてきたという人など本当に色々で、一概に聴覚障害者と言ってもその聴こえ方や状況、原因も含め、実際にどれだけコミュニケーションがうまく取れるかも人それぞれで全く違うのです。

曲のきっかけの音を聴き取れるmちゃんが中心になり、みんなが合わせて踊っていると聞いています。

とっておきの音楽祭の様子を追ったドキュメンタリー映画「オハイエ」でも聴覚障害の女性のチームがありましたが、そこでは観客側に指揮者がいて、音楽に合わせてタクトを振っていました。

「プアナニ」にはそれがないのによくあんなに揃っているのだろうって不思議でしかないのですが。
d0160351_11124457.jpg
第63回全国ろうあ者大会でフラダンスを披露しました。

さて、この6人が今回の音楽祭に参加してくれるということで、yちゃんは責任があると会議に参加したり、私もみなさんの練習の後に時間をいただき説明をさせてもらったりと、準備を進めてきました。

当日は遠い会場にもかかわらず、赤城、中之条、吉岡、前橋方面からそれぞれが自力で車を運転して来てくれました。
(当日遅れたら迷惑をかけてしまうと、前もって松井田まで下見に来てくれた方も居たと聞いています)

ステージは華やかで美しく、素晴らしかった、感動したと言ってもらえて本当に良かったと思いました。

ただ、聴覚障害の当事者で実行委員会にも参加してたyちゃんが、随分経ってからこんなことを言ってました。

「実行委員長は私の顔も知ってるし、私がフラのチームをやってることも知ってる。タイムスケジュールもわかってる。なのにどうして踊った後で来てくれなかったんだろう。せっちゃんたちは仲間にお礼を言ってくれたし褒めてくれた。でも仲間は、実行委員長に直接言って欲しかったと言っていた。それがあれば私も頑張って夜の安中まで会議に行った事も報われるし、仲間にも顔がたった(;_;)」

普段、弱音を吐くことのないyちゃんです。
よっぽど立場がなかったんだろうなって思いました。
申し訳ないことをしたと私も悲しくなりました。

障害があってもなくても音楽の力で心のバリアフリーを目指す音楽祭。
そのコンセプトを私は素晴らしいと思い、群馬の地で作り上げたいと思ってきました。
ただ、詳細な決め事はなく、こういった気配りは個々の資質に委ねるしかありません。

実行委員長は、障害のない人にも同様に労いの言葉をかけてないのでしょうか。
私の知る限り、労いの言葉があったと言う団体は1つもありませんでした。
実行委員長は当日何をしていたのでしょう?

「愛のない人を実行委員長にしちゃダメだよ。障害者が報われない。」
耳が聞こえない分、他のこと、表情や態度、気配りに敏感なのが聴覚障害者です。
とても貴重な意見、勇気を出して言ってくれて本当にありがたかったです。


[PR]

by nobirukko | 2015-12-09 23:06 | とっておきの音楽祭

大泉でライブ

先日 とっておきの音楽祭のリコーダー隊を、高崎駅の路上ライブに誘ってくれてたOUT−AGEというバンドのchoちゃんと言う方が大泉でのライブに誘ってくれたので、yuiと一緒に行ってきました〜。

d0160351_10212283.jpg

ライブハウスは音が大き過ぎて、突発性難聴を2度患った私にとっては苦行でしかありません。
今日は大きな施設でのライブということで、安心して聴くことが出来ますヽ(´▽`)/

あれ〜〜!この曲知ってる!
あれあれ、これも知ってる!
なぁ〜んだ ニルヴァーナの曲じゃん(´∀`=)

長男so〜taが、中学生の時から大好きなニルヴァーナは、疎い私でも何曲も知ってるバンドで。
このカート・コバーンを文字ってchoちゃん方は自分をカート・チョバーンと言ってるそう。
ふむふむ…

あ!yui 見て見て!
ドラムの人、片手で叩いてるよ〜!
すごいなぁ〜( ゚д゚)
すごいなぁ〜( ゚д゚)

パンフレットを見るとなになに…

「リハビリ ワンハンドドラマー 」

両手で叩いてる人とも遜色ないレベルのワンハンドドラマーさんです!
私なんて両手あっても役立たずだわーと反省。
それだけでも意味のあるライブ観戦となりました。

で…大泉までまさかまさか、ライブだけの用事で来るなんて事は絶対にない私(笑)
実は先日ハマったNetflixのドラマの「孤独のグルメ」の、大泉のブラジル料理が紹介されてたんです。゚(゚´ω`゚)゚。
choちゃん ダシにしてごめんm(_ _)m

d0160351_10212205.jpg

おっと〜〜!肉だ!!
ドラマの井の頭五郎さんのように、ゴーカイにあれこれ頼みたいところですが
私とyuiでは食べられる量がかなり少ないのが残念です。
(かと言ってpapaちゃんが一緒だと、超お高いランチになってしまう(ーー;))
な訳で、ブラジル料理食べた事があるよ〜程度のランチでごちそうさまになりました〜〜(*´∇`*)

[PR]

by nobirukko | 2015-12-06 22:19 | 舞台・音楽・映画

自分に厳しい?甘い?人に厳しい?甘い?

突然の質問ですが、みなさんはどうでしょう?

自分に甘く 人にも甘い?
どっちも厳しい?
それとも自分には甘いけど 人には厳しいとか(笑)
それ、嫌だね(笑)

兄弟ゲンカを発端にyuiとso〜taと3人で話したあとで、ふと思ったことです。
「私は自分がいろいろできてないから
人に厳しく出来ないのかもなぁ〜」って。

自分に対しては特別厳しい人だとは思わないけど、そんなに甘やかしてもいないとは思うんですよね。

もちろんまだまだ出来てないことも多いけど、元々はもっともっと出来ないことが多かったのをここまで、人並みの生活が出来るまで(笑)、努力してきた自分がいるのを知っています。

なので自分と同じくまだまだ発展途中の子どもたちに対しては、心をくじかないよう、アドラー心理学では勇気くじきというのですが、そういう言葉かけがないように注意はしています。

でも親ですからね。
時には自分が出来てない事だって、言わなきゃならない場面もありますよ。
子どもが理不尽に感じるのは、その部分だと言うこともわかります。

そんなことをツラツラ考えてたら、去年ある女性が、言ってた台詞を思い出しました。
「私は自分に厳しいから、人にも厳しいんです」って・・・

一緒にイベントを作っているスタッフのトップの方なのですが、初めてボランティアを始めた女性スタッフの当日への不安に対して厳しいセリフがあった上で

「◯◯ちゃんて 厳しいよね」と指摘された際、間髪入れずに発射したのがこのセリフです。

みんな唖然としてて、その場の空気は凍りつきました。

確かに自分に厳しいのは構わないとは思います。
ですが、ボランティアでお手伝いに来てくれた方々にまで自分の納得いく厳しさを求めるのはいかがなものかと思うのです。

結果、イベント前日の準備はまるで会社の上司のような態度だったそう(−_−;)
コピーを頼まれ、必要枚数を終えて届けに行くと
「これは私に渡されても困ります。受付に持って行くものです。見ればわかるでしょ!」
と厳しい一言に驚いたそう。

だったら最初から、
「これは受付で使うので、300部コピーしたら届けてください」という指示がなぜできなかったのか?
それは彼女が厳しいからなのでしょうか?
う〜ん わからない

ここは職場でもないし、みんなが善意であつまり自分の時間、自分の労力を提供するばしょです。
厳しい必要がどこにあるのか、私にはわからないのです。

障害があってもなくても 音楽の力で心のバリアフリーを目指す音楽祭。
その優しい主旨のイベントのトップが「自分に厳しく他人に厳しく」なんていうポリシーを持っているのだとしたら…
果たしてこの先どうなって行くのか不安です。






[PR]

by nobirukko | 2015-11-30 19:26 | とっておきの音楽祭

中部地区アンサンブルコンテストとつむじカフェ

yuiのアンサンブルコンテストの応援に、中之条のバイテック文化ホールへ。

その前にちょっと寄り道( ^ω^ )
「つむじカフェ」
本日のお供、shihoさんのリクエストです。
d0160351_22350097.jpg

羊毛 可愛いよ〜

d0160351_22350009.jpg

きのこのカレーにしようか悩んだけど
豆のキーマカレーにしよ〜〜♪
おいぴい(T . T)

d0160351_22350145.jpg

ワラで作るのかな?
怖いけどすごい!

あらあら もうこんな時間。
本来の目的は、yuiのアンコンでした〜(笑)

yui、パーカッション六重奏って言ってた。
早くトランペットが吹きたいって言ってた。
いろいろな理由があってのパーカッションなんだね(T . T)
しかも木琴の前に居るぞ〜
ねぇねぇ〜 マリンバって木琴の事なの?!

メインはパーカッション歴4年目のkoumiちゃんのシロフォンとグロッケン、そしてyuiのマリンバでした。
オイオイ、トランペット歴5年目、パーカッション 歴1ヶ月のyui 大丈夫かい? (ー ー;)

トランペットを持たず、マリンバの前に立つyuiが何故だかとても健気に思えて泣けちゃった(/ _ ; )
1か月くらいで、こんな事が出来るようになっちゃうんだ〜〜 (/ _ ; )
どんだけ練習したんだろ〜〜(/ _ ; )

家での傍若無人な振る舞いに腹を立ててた母ではありますが、しゃ〜ないわなぁ〜〜と、妙に納得させられるyuiの姿でした。

自分の意見が通らない。
日常では多々起こる現象です。
話し合いが多数決で決定される場合、特に少数意見を持つ者は納得がいかない事って 多いです。
学校、クラス、部活ってその納得出来ない事を上手く受け入れるための訓練なのかなぁ〜 って思いました。
納得出来ない事もせにゃあかんもんね。

時には 自分の意思を貫き通す事が大事な時もある。
時には 自分の意見を引っ込めて、周りに迎合するべき事もある。
家庭というコミュニティでは学び切れない事も、学校っていう社会は教えてくれるんだね。
そして決まったからには、誠心誠意頑張る、本気を尽くすことでまたひとつ階段を昇ったんだね〜。
そんな風に感じました。
頑張ったyuiにしてあげられること…
またもやJAMPグッズ追いかけて、コンビニ巡り行ってきま〜〜す♪( ´θ`)ノ

[PR]

by nobirukko | 2015-11-23 18:34